Poggiassai 2012 Poggio Bonelli

トスカーナ州の赤

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

Tremilla Yen di Vino Italiano :イタリアワイン三千円

更新履歴 2018/03/22
通常特価 3,980円(税込)
販売価格

3,000円(税込)

在庫数 残り僅か 14本です
購入数

※2018年3月23日9時更新:12本追加しました。
※2018年3月27日11時更新:12本追加しました。
※2018年4月1日11時更新:12本追加しました。
※2018年4月4日8時更新:12本追加しました。
※2018年4月9日19時半更新:12本追加しました。
※2018年4月25日9時半更新:12本追加しました。

※希望小売価格 5,400円税込→ 通常特価 3,980円税込 → 特別価格 3,000円税込

ポッジアッサイ 2012 ポッジオ・ボネッリ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ75%、カベルネソーヴニョン25%/フルボディ》


シエナの北東近く、現在は世界で最も古い銀行のひとつとされるモンテ・ディ・パスキ・ディ・シエナ銀行の農業法人が所有するアジェンダですが、その歴史は16世紀に遡り、この地でワインを造り続けています。カステルヌーヴォ・ベラルデンガに位置し、キャンティ・クラッシコなども清算していますが、このポッジョ・ボネリを一躍有名にしたのがこのポッジアッサイ。キャンティ・クラッシコ地区内にある海抜250m、南西向きの斜面に畑があります。収穫されたブドウは28度から30度に温度管理されたステンレスタンクで20日間の醸しとアルコール発酵の後、バリックで16ヶ月から18ヶ月の樽熟成後瓶詰めされます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


ボルドー型瓶。ラベルデザインはちょっとシエピに似てるような気がしなくもない。コルクはなかなかの質の5cmで、この蔵のご自慢のワインらしい。グラスはヴィノムのブルネッロ型にします。一般的に、サンジョヴェーゼと相性のよい国際品種はメルロという認識は間違いではありませんが、それも比率モロモロある。ティニャネッロのようにサンジョヴェーゼが80%を〆るのであれば、カベルネ系もさもありなん。このポッジョ・ボネッリのポッジアッサイもサンジョベーゼが75%と、カベルネに支配される寸止めのはずである。ちなみに表記のアルコール度数は14度となります。

ほおおう。色はカベルネinらしい濃い目な暗黒。果実香はキレイにバリックが効いててトスカーナIGTらしさ全開。ほろっと香ばしいロースト香も嫌味なく効いててますね。熟度と純度あるスミレも負けてはいない。カベルネ由来のカシスもとてもキレイな濃さですねえ。

口に含みますと、含み香にもローストのニュアンスある果実味があり密度も十分。なかなかキレイに濃いですね。14度のアルコールもコントロールされていて飲み難さは感じない。ロースト香の霧が晴れるように果実の甘味も来る。

二日目もヴィノムのブルネッロ型です。サンジョヴェーゼ感が前に来ましたね。初日前のめりだったカベルネとの接点がファジーに。樽もまろやかに溶け込んでいいまとまりです。サンジョヴェーゼを確かに感じるが、では、キャンティ・クラッシコか?それともモンタルチーノ?なるほどどれにも属さない。属すとすれば可能性があるのはもちろんサンジョヴェーゼは80%までで可能なキャンティ・クラッシコで、しっかりとバリックの樽香を効かせたリゼルヴァクラス?とブラインドで答えるならかなり迫れてるかもしれませんが、そう、これはIGT。サンジョヴェーゼ主体のトスカーナIGTらしさが十二分もあり満喫できる。

飲み口にあるロースト香は樽由来のものだが、その周りにはカベルネらしい果実味、香りがあり、飲めばカベルネの存在はしっかと感じる。それなりにカベルネの主張もあるがサンジョヴェーゼすべてを覆い尽くすわけではない。余韻にもコーヒーも続くし、カカオっぽいタンニンはやわらか。サンジョヴェーゼな酸味が行き渡るという布陣で、やはりトスカーナIGTらしさがありますね。

そういう意味での満足度はとても高い。ただ、スーパータスカンとしての甘味や、樽香はメリハリがあり、果実の香味や樽香の力強さから、濃さとも感じるフルボディらしさがあり期待に応える酒質ですね。でも、安っぽい香料的な香りの強さは皆無で派手なわけではないのもいい。

三日目はせっかくカベルネ混醸なのでヴィノムのボルドー型にしてみます。カベルネがやわらかくなってきましたね。あ、書きそびれているような気もしますが、樽香は終始カルロ・フェリーニらしいともいえる。ほっこりとした(豆の)ローストの風味や、甘味という部分でも。うん、このグラスもいいですね。オヴァチュアだと小ぢんまりとして窮屈かもしれません。全体的にしっとりとまとまり、さらに深い。

うーん、三日目にしてこの旨さ。侮れないなあ。

四日目飛ばして五日目です。カベルネ系の力強さってそれ以降も試したくなりますね。ぜんぜん持つ。カベルネの風味に変わりはないし、少しスパイシーな風味も出て、さらに複雑さも増す。構成に揺るぎはなく、変わらぬおいしさが持続していますね。

これぞ「ザ・スーパータスカン」的なわかりやすい深く濃密な香味が楽しめます。カルロ・フェリーニらしい樽香はメリハリも効いてていいですね。非常に満足度が高い一本、ここぞ!ガツンと濃い目が欲しい時にはバッチリですよ!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る