Roero Arneis 2016 Vietti(50周年記念ラベル)

イタリアの白ワイン

Tremilla Yen di Vino Italiano :イタリアワイン三千円

更新履歴 2017/07/20
販売価格

3,000円(税込)

購入数

ロエロ・アルネイス 2016 ヴィエッティ
《イタリア/ピエモンテ/白/アルネイス/辛口》


ピエモンテ州はクオーネ県、カスティリオーネ・ファレットに位置する生産者です。特徴的なアートラベル、これまでは日欧商事さんの扱いでしたから百貨店などでも見たことあるあるな生産者でもあります。

1800年代後半、初代のカルロ・ヴィエッティからスタートした生産者。その息子であるマリオに時代になってからヴィエッティの名前での自社瓶詰めが始まります。1952年からエノロゴとして従事していたアルフレード・クッラードが1957年にはマリオの娘であるルチアーナと結婚、ヴィエッティ家の哲学を引き継ぎます。2000年に引退後は四代目として長男のルカと娘のエマニュエラの夫アルフレッド・クラッドが引き継いでいましたが、この夏、アメリカのコンビニチェーン「KUM&GO(カム&ゴー)」のオーナーであるカイル・クラウゼに買収され参加となりました。実は2015年にはエンリコ・セラフィーノも買収したいたようですね。

2007年のリゼルヴァ・ヴィレッロがモニカ・ラーナー(ワインアドヴォケイト)誌で100点が付けられたのも記憶に新しいですが、それが買収に少なからず影響を及ぼしたと考えています。

ただし、傘下に入っただけで実際のアジェンダの運営はこれまで通りとのこと。まあ、色々あるんだと思います‥うんうん。

カスティリオーネ・ファレットでは最も早く単一クリュのワインを瓶詰めすることとなり1961年にバローロ・ロッケとバローロ・マッセリアを誕生させます。

絶滅の危機に瀕していたアルネイスの復興にもアルフレードは一役買い、ヴィエッティのロエロ・アルネイスは品質の高いものです。もちろん、ピエモンテの生産者らしいドルチェットやバルベーラ、モスカートからなるワインもありますし、バルバレスコは当時から所有するマッセリアのクリュを。そして要はやはりバローロですね。

最もスタンダードかつカスティリオーネ・ファレットの個性を表現するバローロ・カスティリオーネに、ロッケ・ディ・カスティリオーネやラヴェーラ、ラッツアリート、ブルナテなどのクリュバローロ、その頂点にはリゼルヴァ・ヴィレッロが光臨します。


サント・ステファノ・ロエロ地区の中心部にある複数のブドウ園で収穫されたアルネイスは平均樹齢25年とアルネイスとしては高いブドウ樹。10度から12度の低温でのアルコール発酵と醸しが行われますが、新鮮な酸を保つためにマロラクティック発酵は施されません。熟成も樽は使われず、タンクにて落ち着かせてから瓶詰めされます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


生産者ご本人曰く「それはバッカス(酒の神)」だそうなキモいオッサンの画は変わりませんが、そもそも瓶型から変更になっており、2015年まではボルドー型瓶だったものが、この2016年からALBEISAの凸モールドの入った撫で肩共通瓶となっています。また、キャップシールは紅白のチェッカーフラッグ的なパターン模様なのもカワイイですね。ラベル中央のVETTIの文字も同じ赤になりました。パッケージ全体はカワイイのにオッサンだけキモいというコントラストは目立ちますね(うんうん)。そして、この2016年は「50周年記念ラベル」となっています。これはロエロ・アルネイスをリリースしてから‥だと思われます(確認取れよ)。コルクは昨年同様ディアムの4.5cmでブショネ知らず、冷蔵庫キンキン温度、昨年はヴィノムのキャンティ型でしたが、今年はオヴァチュアでの毒味です。透明度がありブリリアントなペールイエローがいいですね。グラスの内壁に少しぷちぷちがあります。

透明感ある果実香はミネラルを感じさせながらもやわらかさもある柑橘。可憐な白い花、アカシアの黄色、やわらかな部分に梨の果汁。

口に含みますと2015年同様に十分なボディ感(厚み)がありますね。もちろん濃厚果実というわけではなくミネラルの厚みもありますのでくどくないのがいい。キレイながら力強い酸味も豊富、新鮮さもありますが、果実の甘味もなかなかチャーミングなんです。余韻まで酸味がミネラルや果実味、そして苦味を引き連れ旨味が残りますね。

すでに、チュパりたい旨味があり、酸味もあってとてもジューシーな酒質。酸っぱいという意味ではなく唾液誘発系。シャキーンとしたアルネイスではありませんが、しっかりと新鮮さがそこを補います。

旨いですね。2016年も十分旨い。天下一品的に表現すると「こってり」と「あっさり」の間ぐらいです(分かり難いわ)。酸が活き活きとしていますので分厚いミネラルや豊満な果実味もダレないんですよね。まだ2015年に感じたメロン系の香味は控えめですが、温度帯によって様々な表情も見せてくれそうです。

2015年同様に味もしっかり乗ってるなあ。過不足がないというバランス。もちろん、香味に閉じ感なく開いてますしね。旨味のある酸味‥やっぱりいいですね。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュアです。いつも思いますがアルネイスってちょっとガルガネーガに似たニュアンスありますね。まあ、もっとおおまかに言えば、トレッビアーノにも似てるかもしれないし、そもそもそれはイタリアらしい白ワインという括りなのかもしれませんが。

透明度あるミネラル香、口に含むとキュンとした酸味と甘味がありますね。密度感があってヌケがない。旨味と酸味が揃ってるのもとてもいい。サッパリしてますが決して軽さは感じません。未熟なブドウではない証拠、とてもいいアルネイスですね。

旨味と甘味があるが、最後に酸味と絡む苦味も飽きさせないですね。アーモンド、微かにパインっぽいのもあるかな。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュア、ヌケず、ユルまず‥十分な密度を感じさせる飲み口は優秀ですね。柑橘とハーブ、白い果肉の果実の風味も落ちていません。旨味が色んな果実を繋ぎますが、やはり質が高く行き渡る酸味、これが要ですね。いい仕事しています。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る