Spumante Metodo Classico Extra Brut 2009 Tamellini

イタリアのスパークリングワイン

更新履歴 2017/04/19
販売価格

2,780円(税込)

在庫数 SOLD OUT

スプマンテ・メトード・クラッシコ・エクストラ・ブリュット 2009 タメリーニ
《イタリア/ヴェネト/白/ガルガネーガ/辛口》


ヴェネト州はソアーヴェ地区の中でもラテン語で日当りの良い場所を意味するというCosteggiola(コステッジオーラ)村にあるのがこのタメリーニ。平野部ではなく小高い丘の南向きの畑を持ちます。

ガエタートとピオ・フランチェスコ・ガエターノによって運営され所有する畑は20ha。小石、が混じる石灰質土壌で栽培されるガルガネーガはペルゴラ・ヴェロネーゼと、グイヨーの二種類の仕立て。ペルゴラ・ヴェロネーゼの畑は50年もの古樹が栽培されています。ブドウの房は葉の内側にでき、適度な日照とブドウの完熟のために片枝に新梢を5つのみ残すことでしっかりと房同士の距離を保ちます。グイヨーの畑は房が葉で隠れない位置にあり、湿度は低く完熟度も高くなるためにより、リッチなブドウが生まれます。

2003年に導入した冷蔵保管庫により、収穫時には20度前後になるブドウを冷蔵保管庫で約10時間保管することで、ブドウの温度を0度にまで冷やします。収穫後すぐに冷却することでブドウのアロマや酸を保ちます。除梗せずに圧搾、タンクにはすぐに窒素が充填され参加を防ぎます。モストは別容器に移してからアルコール発酵。マロラクティック発酵も施され一週間に一度程度はバトナージュすることでワインに旨味をもたらします。

ソアーヴェDOCにはスプマンテの規定もあり。逆にソアーヴェ・スペリオーレDOCGにはスプマンテの規定がありませんので、ソアーヴェのスプマンテはDOGとなりますね。が!こちらはソアーヴェDOCを名乗るわけではりません(どないやねん)。

ガルガネーガをメトード・クラッシコ(瓶内二次発酵)させて本格的な造り、しかも36ヶ月の二次発酵期間なんですね。新鮮なアロマを重視するために比較的早く収穫されるブドウが使用され、二次発酵まではスティルのソアーヴェと同等の肯定で醸されます。ノン・ドサージュですが、エクストラ・ブリュットの表記となります。

ちなみに‥残糖表示は‥

・パ・ドセ/ブリュット・ナチュール 0mg/lから 3mg/l
・エクストラ・ブリュット      0mg/lから 6mg/l
・ブリュット            0mg/lから12mg/l

となりますので、ノン・ドサでも残糖表示に関しては上記なら好きな表示が可能なんですね。土着品種ガルガネーガからなるスプマンテ、しっかりとメトード・クラッシコで醸されたのを実感できますよ。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


タメリーニらしいラベルデザイン。まあ、某キャンクラの生産者のように収穫するブドウを運ぶ彼らに笑顔はなくまるで奴隷に見えるんだけれども。しっかりとしたスプマンテらしいボトル、キャップシールが真っ赤なのはなかなかいいですね。グラスはフランチャコルタ公式、冷蔵庫キンキン温度、バックラベルに記載のアルコール度数は12度です。

グラスに注ぐ感じはなかなかクリーミーな泡がディスクを覆う。なっつってもメトード・クラッシコだし36ヶ月とたっぷり。ミレッシマートで2009年のビンテージとなりまして、ビンテージもいいビンテージですしね。16金ゴールドの液体、なかなかグラス縁に集まるガスもきめ細かい。

ミネラリーで、少し黄色い花、香りはなかなか繊細で確かにフランチャコルタではない(つまり、品種構成がそうではない)のが理解できる。口に含みますと、しっかりと二次発酵や、デゴルジェメント以降も熟成がされているので落ち着きがありますね。決してフレッシュさ、新鮮さを売りにしているタイプではありません。ガスはキメが細かく、ツーっと、そしてシュっとした線の細さがエレガント。果実味のボリュームも適度でガス+酸味を弱く感じさせるほどではない。

うん、ガスと酸味が心地よいですね。確かにソアーヴェであるのは理解できる。決して黄色味は濃過ぎることなく、白や緑とのバランスも良い。程よく旨味も感じられるがガス+酸味が斬れよく、ドライに収束する。

土着品種、著名なDOCGや、DOC銘柄のスプマンテもいいですね。しかも、しっかりとメトード・クラッシコで造られたそれは、ガス質も良いし、キチンとスプマンテとしてのレベルも高い。ミネラリーさも程よく、(ソアーヴェらしさ以上に)硬過ぎることもない。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはフランチャコルタ公式グラス。ポンと、ガスはしっかり残っていますね。グラスに立ち上るガスも十分な量です。初日よりも果実香が開いて感じます。柑橘ピール内側の白い部分、柑橘の皮を乾かした感じ、ドライですね。でも、果汁はしっかりと濃密さもあるんだな。ガスの粒も揃っていて、溶け込みもありますね。酸が行き届かせるのか‥ガスが行き届かせるのか…とても心地よい。

シャルマ法だから低質とまでは思っていませんが、上質なスプマンテを‥特にガス質を思うとやはりメトード・クラッシコ(瓶内二次発酵)を選びたい。

新鮮で若さある香味(2009年ですけどね)ながら、緑ではない黄色のハーブと黄色と白の柑橘にほんのりとした苦味もさらにドライに感じさせます。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはフランチャコルタ公式グラスで。三日目でもガスは元気ですね。ポンという音も、立ち上る泡も勢いがあります。辛口ソアーヴェにしっかりとガスを溶け込ませたドライな飲み口。残糖的甘さはないですね。ほんのりと、あくまでもほんのりと果実の甘味。いいスプマンテですね!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る