Redimore Irpinia Aglianico 2011 Mastroberardino

カンパーニャ州の赤

更新履歴 2015/04/16
販売価格

1,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※希望小売価格2,916円税込→通常特価2,380円→1,980円税込の特別価格です。

レディモーレ・イルピニア・アリアニコ 2011 マストロベラルディーノ
《イタリア/カンパーニャ/赤/アリアニコ/フルボディ》
>>>         【希望小売価格2,916円税込→通常特価2,380円→1,980円税込】


カンパーニャ州の歴史ある生産者と言えばこのマストロベラルディーノを差し置いて他にありませんね。1750年頃からワイン造りに携わっていたようですが、マストロベラルディーノとしての創業は1878年だとか。元々はベラルディーノという名前だったそうですが、二代目の当主であるピエトロがマストロ=マエストロ=名匠の称号を得てからはマストロベラルディーノという名前になったそうです。

近年、カンパーニャ州に置いても国際品種への移行は少なからず…な状況ですが、徹底してカンパーニャの土着品種にこだわるのもマストロベラルディーノの姿勢ですね。フィアーノ・ディ・アヴェッリーノDOCG、グレコ・ディ・トゥーフォDOCG、そしてタウラジDOCGもマストロベラルディーノあってこそ‥と言えます。

中でもイタリアはのみならず世界に名だたる‥なのがタウラジですね。アリアニコ種を使用したワインは何種類かリリースしていますがいずれも、その土地の個性を反映したもの。もちろんその筆頭はタウラジで、タウラジ・ラディーチと、タウラジ・ラディーチ・リゼルヴァの二種類となりますが、すぐれたアリアニコの栽培、醸造技術の歴史の古さ、技量の高さはタウラジを名乗らないアリアニコからもヒシヒシと感じることができます。

カンパーニャの雄であるマストロベラルディーノの規模になると数多くのワインをリリースしています。公式サイトを拝見しますと、スティルワインはベーシックなものから「エントリー」「クラッシック」「クリュ」と分けられています。

「クリュ」の項にも日本未入荷のワインがありますが、もちろん"ラディーチ"もクリュのひとつであり、タウラジのみならず、フィアーノもラディーチ畑からのものが詰められています。そしてこの"レディモーレ"もクリュのひとつ。タウラジこそ名乗りませんが、イルピニア・アリアニコDOCを名乗ります。

DOC法のおさらい。アヴェッリーノ県のイルピニアDOCは白、ロゼ、赤を網羅します。白はグレコが40%から50%、フィアーノ40%から50%、その他20%とまでと、県特産のグレコとフィアーノを引き立たせる規定。赤はアリアニコ70%以上となりますが、このイルピニア・アリアニコのように品種を表示する場合は85%以上が必要。アリアニコに関してはパッシートや、リクオローゾ(リキュール)もDOC範囲内というのも興味深いですね。

"レディモーレ"には「ベリーの王様」という意味があるとか。南西向きで砂質に石灰や粘土質が重なる土壌。レディモーレ自体がクリュの名前ではなく、ミラベッラ・エクラーノというブドウ園に属するようです。海抜は400m、haあたり5,000本の株密度。平均樹齢は9年とさほど古樹ではないのですが、このブドウ園では2種類の選ばれたクローンのアリアニコが栽培されており、それらを混醸することで複雑味も出しているようですね。

収穫されたブドウは温度管理されたステンレスタンクでの長めの醸しとアルコール発酵、マロラクティック発酵も施されます。熟成は新樽100%のフランス産のバリックで12ヶ月、瓶熟成は6ヶ月以上となります。この2011年のアルコール度数は13.89度。

ルカ・マローニ98点、飲めば納得‥とてもわかりやすい濃さと質の高いアリアニコが楽しめます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


マストロベラルディーノのボトルはどれもこれもスラリとしながらも重量感ある良い瓶ですね(梱包し辛いんだけど)。このレディモーレは「ベリーの王様」という意味だそうですが、きっと王様であろう王様が盾を持って馬に乗っており、右手に杯を持つのですがどこかコミカルな顔つきで笑える。バックラベルはいつものモトックスさんの邪魔なラベルが邪魔ですが表記のアルコール度数は14度の模様。実際には14度弱な成分分析です。コルクはまあまあの質の4.5cm。グラスはヴィノムのボルドー型です。

色はさすがに濃い目、エッジは少しピンク紫で、鶏の眼のような艶やかな赤にグラデーションします。香りはよく開いています。基本サンジョヴェーゼが多いので(笑)、アリアニコの個性がいつもと違う感じ。新樽バリック100%ですが、そう派手な樽香ではありません。ふわりとコーヒー豆的ローストな香りや、茹でた小豆のようなほっくりとした感じもありますね。熟したブラックチェリーやブルーベリー、少しだけ青いインク。アルコールも強過ぎませんが、まだ外へのベクトルが溌剌としています。

口に含みますと、少しアマローネを思い出すような甘味と苦み、スパイスを感じる果皮。口の中を満たす密度に重さを感じます。インキーな部分が少し鉛や鉄分にも感じとても重く満たします。ただドギツイ濃さではないんですが、ああ、ルカ・マローニ
が好きそうな濃さでもありますね。鼻に抜ける香りにも黒胡椒などのスパイスを始めなかなか複雑でアリアニコな個性を感じる。うんサンジョヴェーゼじゃない(あたりまえだよ)。

ほのかに甘味のあるタンニン、酸味も豊富ですね。キッチリとそれらを感じますが、すでに飲める状態だし、確かにタウラジよりはカジュアルで飲みやすい。イチジクのワイン煮、果実味に甘味がありますが、しっかりとドライで酸も感じる。これは食事と合わせたいよねえ。

このブドウ果皮のスパイス感や甘味のある草の汁っぽさってトスカーナよりも南の中部や、南部イタリアの赤品種で感じることがあるんだけれども、これってねえ。ワイン単体だと個性的ですが、何か食べるとすんなり馴染むのよねえ。

さすがに1年ながらバックビンテージとなりますのでまだ若さもありますが、初日の一杯目から落ち着きもありますね。すぐに美味しい状態で暴れません。少し白い揮発な爽やかなミントが隠れています。

二日目もヴィノムのボルドー型。新樽バリックにしてはとても上品ですね。その分、果実香がエキスぃ。グラスもオヴァチュアぐらいの大きさでもいいんだろうけれども、ボルドー型でも崩れない。なら表面積広い分の恩恵でこっちかな。初日同様のフルーツに、ブドウ果皮の香り、スパイスがいいアクセントですね。

口に含みますと、より膨らみがありますね。おおらかですがヌケはありません。もっと甘味があり、モダンな濃さかと想像していましたが、思った以上にシックで真面目。この酸味はやっぱりトマトがいいかなあ。いい酸味、豊富なタンニンがあるので、脂身もある豚のローストに、トマトや緑の野菜達をビネガーで合えたようなソースかサラダがあるといいなあ。

三日目はオヴァチュアにサイズダウンしてみました。表面積は減りますから自ずと香りの量は減ったようにも感じますが、その分集中していますね。香りに質は初日から変わらず。口に含みますとミネラルはさらにやわらかで、しなやかな。密度もまるでビーズクッションのようです。酸味、渋味が濡れてやさしく感じますね。

まったくヌケなどは感じません。力強さや、エキスぃな濃さがやさしくなりました。旨いね。旨味があり酸味もジューシーで問題なくおいしく個人的にはこの三日目が一番馴染みを感じて好きかも。

なるほど、2,000円を越えて不思議ではない酒質ですが、イチ・キュッ・パーは買いですね!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る