Barolo Le Rocche del Falletto di Serralunga d'Alba 2009 Bruno Giacosa

ピエモンテ州の赤 > Bruno Giacosa

更新履歴 2013/05/22
販売価格

19,800円(税込)

在庫数 SOLD OUT

バローロ・レ・ロッケ・デル・ファレット・ディ・セッラルンガ・ダルバ 2009 ブルーノ・ジャコーザ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》


本筋はブルーノ・ジャコーザの本拠地であるネイヴェ‥つまりバルバレスコの銘醸でありながら、近年では、ジャコーザの最高の評価は、このバローロが勝ち取っています。祖父カルロ、父マリオ‥そして現当主であるブルーノと三世代に渡り、その名声を築きあげてきました。

現在、自社で所有する畑は約20ha。実は、過半数は買い葡萄でワインを醸しています祖父カルロも、父マリオもブドウの仲買人も仕事だった歴史があるんですね。とはいえ、カルロ氏は、自社での醸造も初めていたんですね。第二次世界大戦の戦中や、戦後は、ボトルワインの市場がなかったために、瓶詰めのみで量り売りをしていた時期もあるそうですが、1961年‥1929年生まれのブルーノ氏の名前を冠した『ブルーノ・ジャコーザ』が誕生しました。ピエモンテの習わしだそうですが、名前も継承するのもいいですね。

今なお、買いブドウも使用していますが、仲買人の家系な歴史は、どこの畑が優れたブドウなのか、誰が栽培しているブドウが優れているのか‥熟知しているんですね。そんなブルーノ・ジャコーザのワイン達…実は、ラベルには二種類の表記があるんですね。


・Casa Vinicola Bruno Giacosa

 契約農家の畑から購入した葡萄で醸されるワイン。

・Az.Ag.Falletto di Bruno Giacosa

 自社で所有する畑から収穫された葡萄で醸されるワイン。


こう書くと、後者の方が‥というイメージありますよね。しかし、そこは長年、買いブドウでの醸造の歴史を持つブルーノ・ジャコーザ‥すべてはネイヴェの醸造所で醸造されますし、買いブドウと自社ブドウでの醸造方法に差はありません。もちろん買いであれ、自社であれ、その違いはクリュなんですよね。

今回、ご紹介のバローロ・リゼルヴァ レ・ロッケ・デル・ファレットは、自社畑のブドウから‥"Az.Ag.Falletto"表記となります。

また、ブルーノ・ジャコーザでは、品質的に満たない‥と判断した年には自社瓶詰めをせずに、樽で売ってしまうんですよ。1991年、1992年、1994年などは瓶詰めされませんでした。また、ビンテージによって村名だったり、どこまでクリュの名前を名乗るのか?そして赤いラベルのリゼルヴァを詰めるのかどうか‥など、案外複雑です。

ピエモンテにも、いや‥イタリアには数多くの生産者が存在しますが、「偉大」「巨匠」と呼ばれる生産者はほんの一握り。ブルーノ・ジャコーザは、そんな生産者のひとつでもあり、イタリアを代表する生産者なんですね。

レ・ロッケ・デル・ファレット。セッラルンガ地区のオルナートの隣であるファレットの一部の畑と思われます。そこから収穫されたネッビオーロは、上限30度で温度管理されたステンテルタンクで18日から21日間の醸しと発酵が行われ、550Lと、1,100Lの樫樽で約26ヶ月の樽熟成後瓶詰め。8ヶ月以上の瓶熟成期間を経てリリースされます。詳細なアルコール度数は14.95度となります。詳細なアルコール度数は14.81度となり、生産本数は12,543本

2000年以降は、買いブドウの村名バローロと、自社ブドウのファレット表記の村名バローロ、そしてレ・ロッケ・デル・ファレットのクリュ名の付くバローロはビンテージによって白ラベルになったり、赤ラベルのリゼルヴァになるようです。2000年までは、白ラベルと赤ラベル(リゼルヴァ)が混在するビンテージもありましたね。2000年以降は2000年、2001年、2004年、2007年、2008年、2011年が赤ラベルのリゼルヴァです。2002年、2006年、2010年は、バローロは一切詰められていません。
このレ・ロッケ・デル・ファレットに関してはこの2009年以降は2010年は前述の通り、バローロは一切詰められず、2011年リゼルヴァとなりますので、次のビンテージはまだ決まってないのが現状ですね。

並行モノとなりますが、2013年春に紹介時と変わらなぬ価格でのご案内は奇跡としか言いようがありません。


■ワイン・アドヴォケイト:95点(M.L. June 2013)

The 2009 Barolo Falletto is an exuberant and exciting wine with tight, firming tannins surrounded by deep layers of dried cherry, licorice, cassis, moist tobacco and campfire ash. What sets this Barolo apart is the focus and care it shows on the bouquet. It is as if each layer is a separately audible voice in a united chorus of flavors and aromas. Also notable is the balanced acidity that adds a bite of freshness without being too sharp.
Anticipated maturity: 2015-2035.

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る