Vigna Arborina 1993 Elio Altare

ピエモンテ州の赤

更新履歴 2011/04/19
販売価格

15,800円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ヴィーニャ・アルボリーナ 1993 エリオ・アルターレ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》



言わずと知れたアルターレ‥泣く子も黙るアルターレ‥。ラ・モッラ最上の区画でもあるアルボリーナ。アルターレには、アルボリーナの名を冠するワインが2種類存在します。ひとつは「バローロDOCG ヴィニェート・アルボリーナ」もうひとつは「ランゲ・ロッソDOC アルボリーナ」となります。いずれも同じアルボリーナからのネッビオーロとなり葡萄自体の違いはなく、その醸造の違いで個性を競います。ちなみに、ランゲ・ロッソの規定は1994年からのようで、ランゲ・ロッソDOCになったのは、それ以降(何年からかは不明)は、ヴィニェートは付かず「ランゲ・ロッソDOCアルボリーナ」となるようです。ということで、この1993年はVdT格付となります。となりますが、vino da tabolaの表記ではなく英語でTable wineとあるのみ。

ワイナート誌13号「特集:北イタリアのワインを狙え」では、その違いに関して‥

違いは、前者(バローロ)がMLF(マロラクティック発酵)後に樽に移し、新樽20%、2年目と3年目の樽80%で熟成されるのに対して、後者(ランゲ・ロッソ)は早めに新樽100%に移してアルコール発酵の最後とMLF発酵を樽内で行う事だ。18ヶ月の樽熟成の間、ラッキングは1回のみ。


と、説明されています。アルターレの公式サイトを見てみますと、バローロ・アルボリーナの醸造は、4/5日は温度管理されたロータリーファーメンターで発酵され、熟成はフランス産のバリックで24ヶ月と記載されています。対して、ランゲ・ロッソ・アルボリーナの方は、3/4日は温度管理されたロータリーファーメンタで発酵され、熟成はフランス産の新樽バリックで18ヶ月とされています。

バローロに樽熟成に関しては新樽と明記されていないので、ワイナート誌の情報通り、古樽も使われているのでしょうね。いずれにしてもバリックでの熟成となりますが、その4/5、3/4の分数の意味がイマイチはっきりしませんが、古樽も使うバローロよりも、新樽100%で醸されるランゲ・ロッソは発酵期間を短くしているようです。

もちろん、アルターレのバローロも人気ですがその本数は非常に少ない。ましてや、このランゲ・ロッソシリーズはさらに少ないんですね。ランゲ・ロッソシリーズの中でネッビオーロ単一で醸されるのは、このランゲ・ロッソ アルボリーナ。バルベーラ60%にネッビオーロ40%で醸される混醸がランゲ・ロッソ ラ・ヴィッラ。そして、アルボリーナ地区の最上部、ラリジからのバルベーラ単一がランゲ・ロッソ ラリジとなり、それぞれ2500本〜3000本程度の生産量となれば、アルターレのワインの価格も納得ができるものかもしれません。

なお、この1993年のラベルには「L 27-04-95」というロット番号が記載されておりますので、1995年の4月に瓶詰めされた可能性が高いですね。となると収穫後、発酵と熟成期間、瓶熟成期間を考えるとバリックでの熟成は18ヶ月よりも短いかもしれませんね。(まったく情報もないので逆算もできないけど)また、「R.I.V N.3966/CN」という番号も記載されており、ひょっとすると生産本数が3966本の可能性もあります。(そんなに造ってないような気もするが‥)

今回ご紹介するのは、90年代前半のベストビンテージとなる1993年。現行が2005年あたりかと思いますので、第一次飲み頃には達しているはずです。価格も現行に毛が生えた程度(毛って‥)で抑えましたよ!!

さて…状態は、ラベルに状態は良く、一部赤色の色移りがありますが気になるレベルではありません。キャップシールの状態もよくすべてのボトルでクルクル回ります。液面も十分で液漏れはありません。底部には、澱が出始めた段階で量はそれほどでもありませんね。色はいずれも透明度のある深い赤‥状態はバッチリです。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る