Bolgheri Rosso 2008 Le Macchiole

トスカーナ州の赤 > Le Macchiole

更新履歴 2010/03/27
販売価格

2,480円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ボルゲリ・ロッソ 2008 レ・マッキオーレ
《イタリア/トスカーナ/赤/メルロ50%、カベルネフラン30%、シラー10%、サンジョベーゼ10%/フルボディ》



1997年までは「レ・コンテッシーネ」、2003年までは「マッキオーレ・ロッソ」と、名前だけでなく内容も進化してきた歴史を持つ、レ・マッキオーレのスタンダードラインが、このボルゲリ・ロッソ。レ・コンテッシーネも、マッキオーレ・ロッソもサンジョベーゼ主体のワインでしたが‥2004年から、ボルゲリ・ロッソになってからは国際品種を主体としています。リニューアルされて、もう5年目になるんですね。


 ■レ・マッキオーレ2008年ビンテージ情報

2007年から2008年に冬場はやや寒く、雨が多かった。開花時に雨が多く降り、量的に(少なくなる)影響がでた。夏場は非常に暑く、雨が殆ど降らなかった。9月上旬まで降雨がなく、乾燥した夏であった。しかし、夜は涼しく、昼夜の寒暖差が大きく、酸と香りのよい葡萄が収穫できた。9月中旬から温度が下がり、熟成が遅くなり完熟した葡萄が収穫できた。


マッキオーレ・ロッソ時代よりも価格が下がったのも理由ですが、ボルゲリ・ロッソのわかりやすい果実味と、満足感ある厚みな酒質は、一般のお客様にも、飲食店様にも…「期待通り」の味わい‥。3000円以下のトスカーナで「最も使えるワイン」のひとつですねっ!!

2005年のメルロ40%、カベルネフラン30%、サンジョベーゼ30%というセパージュ比率から、2006年、この2007年、そして今回の2008年と‥メルロ50%、カベルネフラン30%、シラー10%、サンジョベーゼ10%となっております。

ステンレスタンクでの発酵後、オーク樽にてマロラクティック発酵、古樽のバリックで10ヶ月の樽熟成を経ます。

ボルゲリ・ロッソとなってからは、その絶大なコスパにケース買いも続出しております!!この2008年も、安定した美味しさは健在ですよっ!!ほんと嬉しい価格ですね♪






独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味





5年目ともなれば、すっかりお馴染みの純白なラベル。中心部をズラすラベルも健在ですが、ズラし方が変わったか?ビンテージはこの位置だったかな違和感がありつつも‥2007年の手持ちなし。アルコール度数は2007年同様14度の表記となります。

オリジナルのバックラベルには「Imported by mottox」の文字が印刷されていますが、そこまでするなら、別貼のラベル止めて、オリジナルに日本語で必要事項の表示すればええのに‥と、ふと思いつつもまぁどっちゃでもええ。

コルクは、こんなに白かったか?と思う、なかなかの質の4.5cm。お尻にも頭にもビンテージの刻印があるのは相変わらずで、お尻は赤紫な葡萄色に染まっております。グラスはヴィノムのボルドー型でスタートです。

グラスに注ぎますと、コルクのお尻の色と同じエッジの色は、紫を帯びたピンクから真紅へのグラデーション。すでに、グラスの内壁を垂れる脚が既に…

エロい。

2007年同様、樽香のローストはキツさを感じさせませんね。とても、やわらかく乳脂肪分な果実香‥完熟のブラックチェリーとベリー。ブルーベリーなヨーグルト、2007年同様に、「B」の鉛筆の芯、それにしても、すばらしくなめらかです。

そして、濃密、濃厚な果実味がピュア♪

香りはまだ全開とまでは言いませんが、すでに楽しめてますね。樽香は控えめで木質やロースト香‥ましてやヴァニラではない乳脂肪分系は実は‥好み♪メルロのやわらかで、なめらかな風合いが香りからも良く出ていますね。

口に含みますと、相変わらずの固まり感。輪郭にひんやりしたミネラルの薄張グラスを感じますが、密度は十分。四種類の葡萄品種の馴染みも十分で、ちぐはぐ感はなくバランスがとてもいいですね。2007年ほど外骨格な昆虫ちっくな香りはありません。

リリース仕立て、抜栓仕立てから‥すぐに楽しめる酒質‥今年も健在です!!これが、ボルゲリ・ロッソの人気の秘密でもあり、親しみやすい、使いやすいワインなコスパ絶好調なんですよね。

中盤から、フラン的なスパイス感を感じますが、青っぽさなど皆無で、まだ荒さは確かにありますが、とても豊富で開けたてとして十分評価できる酸味が豊富なのも嬉しい。メルロのやわらかさもありますが、ほどよい固さ‥合成感がありますね。

穏やかな甘味がありますので、飲みやすく、いい意味で万人受けするボルドー‥いや、ボルゲリブレンド。この分かりやすさは、決して単調という意味ではない。馴染んで段差はないが、十分、四種類の葡萄品種な複雑さも兼ね備えていますね。

ただただ濃厚、濃密でないのは2008年の特徴かもしれません。二杯目をじっくりとテイスティングしていますが、強さでグングンと押し迫るタイプではないですね。年々、ただただ‥ボルゲリブレンドという、ニューワールド市場を意識したか?と思わせるような‥ただただモダンな酒質ではなく、洗練されてきた‥と思えます。

濃さに偏り過ぎない、スムースな飲み心地を実現してる‥とも言えます。

あれよ、あれよ‥で三杯目です。もう、初日はこれで最後だぞ!

うーん、ますます飲みやすい‥

ポーンとチャーミングな旨味があるのよね‥舌先に甘味を感じる‥そして舌の中腹から、余韻へと、スルスル‥。最初の酸にまだ荒さが‥なんて書きましたが、すでに、馴染んでます。

二日目です♪グラスはヴィノムのボルドー型一択。注ぎたてにチョーク香、香りにインキーなニュアンス。紫と黒のベリーやチェリーの綺麗に濃縮された香り。口に含みますと、うーん、2008年はエレンガントですね。密度も感じさせますが、濃い濃い系ではないんです。安くて濃い‥インパクト勝負も確かに満足感がありますが、その濃にピュアさを感じるんですよね‥そして豊富な酸味とのバランスがとても良いですね。

口の中を液体が満たす満足感も十分、それを飽きさせない酸味の質‥うん、今年も旨いなぁ。マッキオーレのボルゲリ・ロッソらしさもあって毎年美味しい。でも毎年‥ちょっとだけ違う‥こんなワインの楽しみ‥かれこれ5年ですね。マッキオーレ・ロッソの時代は、ちょっと高かったからね。ボルゲリ・ロッソになってからの分かりやすさ‥コスパは、やはり評価されて当然だと思います。なかなか、旨味浸透系♪

三日目です♪よやくフランが一番に感じられるかも‥でも、メルロなやわらかさも健在‥。口に含みますと、ふんわりと‥綺麗に乳脂肪分な樽香が現れます。旨味も最高潮で、とてもバランスがよい‥深みもあって‥

三日目‥これまた旨いっ!!

浸透する旨味が馴染む。毛細血管のように酸味が骨格を形成し、輪郭に張りがある‥まるでロケットオッパイのようなやさしい張り。

余韻も長いですね。チュパチッパとした酸味も美味しい。肉だなぁ‥豚でも牛でもいいや‥。

今年も間違いなくボルゲリブレンドのコスパ筆頭ですね!!


TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る