Barolo Conteisa Cerequio 1997 Gromis / Gaja

ピエモンテ州の赤 > Gaja

更新履歴 2021/05/25
販売価格

23,800円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※ログインしてお買い求め下さいませ。

バローロ・コンテイザ・チェレクイオ 1997 グロミス/ガヤ
《イタリア/ピエモンテ/赤/ネッビオーロ/フルボディ》

ガヤが所有する「コンテイザ」を生むラ・モッラと、「スペルス」を生むセッラルンガのふたつの村、畑の個性を混醸した作品。そのバルバレスコや、バローロなど、単一クリュの表現で先行してきたガヤですが、このワインは、クリュの混醸をすることでバローロを表現しています。名前は、1995年に買収したラ・モッラのグロミスに由来し、ダはFromの意味。バローロ・コンテイザ・チェレクイオを名乗っていた時期もあり、そのチェレクイオはバローロ村とも股がりますが、ラ・モッラ地区の畑。その後、コンテイザのみを名乗るようになりますが、現在のこのダグロミスは、セッラルンガの畑の(スペルス)ブドウも混醸されていますから、当時と同じく混醸ながらかつてのグロミスとはまた違う個性が与えられています。

ラ・モッラ地区にあるコンテイザを産むチェレクイオの畑の砂質土壌はやわらかいタンニンと、花の香りをもたらします。その東部のセッラルンガに地区にあるスペルスを産む畑は面積が小さく、粘土質が主体の冷たい土壌で、引き締まったボディと酸が特徴。醸造はまずは畑ごととなり、12ヶ月の樽熟成。樽熟成後アッサンブラージュされ、さらに18ヶ月の樽熟成が施されます。

ガヤがグロミス醸造所を含む10haの畑を購入したのは1995年のこと。チェレクイオの畑はラ・モッラとバローロ村に跨がりますが、ガヤが購入したのはラ・モッラのチェレクイオ。グロミスの醸造所を使用しての醸造はガヤは行わなかったそうですが、熟成庫にあった古酒や樽熟成中のバローロは、ガヤがセレクトし、バルクで売られたもの、ガヤが(醸造はしていないが)販売はしたものが存在します。

最初は「バローロ・コンテイザ・チェレクイオ」と名乗っていた時期もありますし、途中からは「バローロ・グロミス」を名乗るようになったんだったかな。購入した10haの内、4haの特別な区画はコンテイザと名付けられ現在のバローロ・コンテイザとなり、他の6ha分は2000年までは「バローロ・グロミス」を名乗り、2001年から「バローロ・ダグロミス」を名乗るようになります。これは2000年まではラ・モッラの畑からのブドウのみで醸造されていましたが、2001年からはセッラルンガダルバのスペルスの畑からのブドウと混醸されるようになって改名されたようです。また、2007年から現在の「雉(きじ)」ラベルとなりました。代々、ガヤでは「雉」のラベルはセカンドラインとなりますので、このダグロミスは、コンテイザとスペルスの共通セカンド的なポジションとなりますね。

---

この1997年までは、ワイン名は「バローロ・コンテイザ・チェレクイオ」生産者名はグロミスの表記となります。1995年にグロミスの蔵と畑を購入しておりますので、1998年は生産者名こそグロミスですが、ブドウ栽培、ワイン醸造もガヤの管理下で行われております。ガヤが買収する前にストックされていた瓶詰め前、または瓶詰め後で、ガヤのセレクトにより認められ、ラベルにガヤの名前が許されたボトル達には‥

Imbottiliato Da - Bottled By GROMIS
La Morra Italia Gaja Distribuzione Selection

と記載されておりますが、この1997年は、1998年以降と同じく、

Imbottigliato Per - Bottled For
Gromis
Lamorra - Italia
Da GAJA Barbaresco - ITALIA

と記載されています。

ラベルに記載の「コンテイザ・チェレクイオ」の文字列の「コンテイザ」の右上に「(R)」レジストレーションマークが付いているように、ラ・モッラ側のチェレクイオの畑の買収した10haの内、4haはガヤによって「コンテイザ」という名前が付けられましたので、ガヤが所有する登録商標になるんですね。この「コンテイザ・チェレクイオ」を名乗る時代も、ラ・モッラにあるチェレクイオ(一部はコンテイザ)の畑からのブドウのみで醸造されています。

さて‥状態は、先代のグロミスから続く旧デザインのカラフルなラベル。白地部分に擦れや汚れ、点穴などがありますが、気にしない、気にしない。マットな赤色のキャップシールもとてもいい状態ですね。DOCGのピンクの帯封は少しシワ、剥がれなどもありますがまずまずの状態。キャップシール裾を跨ぐように縦貼りですので、くるくるとは回しません。締め付けもキッチリな感じですね。液面も十分な位置をキープしており、液漏れはないはずです。液色はまためちゃくちゃいいですね。ネッビオーロらしいオレンジも射す艶やかな赤色、非常に澄んでいます。瓶底の凹み外周には、粒状の澱があり右往左往するか、ほぼ確認できないほどの量しかないか‥と、経年を考えると澱はほぼないに等しいか極々少量となり状態も非常にいいですよ。ちなみに表記のアルコール度数は13,5度となります。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る