Brunello di Montalcino 2015 Le Chiuse

トスカーナ州の赤 > Montalcino

Le Chiuse レ・キユーゼ特集

更新履歴 2020/08/30
販売価格

6,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

2020年9月16日18時半更新:6本追加しました。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2015 レ・キユーゼ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/フルボディ》

レ・キユーゼは、かつてビオンディ・サンティ家が所有していた区画の名称で、ビオンディ・サンティのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ用のブドウ栽培が行われていた特別な区画のひとつとなります。ビオンディ・サンティ家4代目当主タンクレディは、息子の5代目フランコと娘のフィオレッラにレ・キユーゼを東西に分割して相続させましたが、フィオレッラの高い後、彼女の娘であるシモネッタが東の区画の相続を受け、1990年、夫のニコロと共に新たに「レ・キユーゼ」を立ち上げワイン造りを始めます。現在はシモネッタとニコロの息子であるロレンツォがブドウ栽培とワイン造りを行っています。樹齢60年から70年の母木の選定はロレンツォの曽祖父にあたるタンクレディが行い、最高のサンジョヴェーゼ・グロッソと称される「B-BS11」のクローンを有すビオンディ・サンティ家以外では唯一の蔵元でもあります。現在、ロッソ・ディ・モンタルチーノ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノはアンナータとリゼルヴァを、ステッラーレというスプマンテも生産しています。

海抜300、北東向きの7haの畑と、海抜500mにある高樹齢の1haの畑はいずれもはガレストロ・トゥーフォ、化石を多く含む石灰を帯びた粘土質土壌。イル・グレッポ畑と同じくマッサルセレクションされたB-BS11のクローンのサンジョヴェーゼ・グロッソとなりますが、海抜300m付近の7haの畑からはロッソ・ディ・モンタルチーノ同様に樹齢2年、10年、16年。海抜500mの1haの畑は樹齢26年のの高樹齢となります。収穫されたブドウは30分以内に破砕、圧搾され29度以下に温度管理されたステンレスタンクで18日間のアルコール発酵。発酵期間中はポンプオーバーやパンチダウンが施され抽出が促されます。タンク内でマロラクティック発酵が行われ、スラヴォニア産の2hlから3hlの大樽で36ヶ月の樽熟成後、軽いフィルターをかけて瓶詰め、8ヶ月の瓶熟成後リリースとなります。平均年産は15,000本。

独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味

スペック的にロッソ・ディ・モンタルチーノにも使用されている若樹の畑(7ha)に、高樹齢の畑(1ha)が加わり、樽熟成期間も3倍の36ヶ月となりますが、どれだけの差を感じることができるのか楽しみですね。レ・キユーゼらしい特徴的な縦長のラベル。このアンナータは黒地になり、ブドウ柄パターンは光沢のある黒でなかなか渋いですね。ビオンディ・サンティを彷彿とさせるのは、伝統的な肩部分に年号と、手書きナンバリングのラベルが貼られていることですね。コルクは(たぶん)ロッソ・ディ・モンタルチーノと同じ良質の5cmとなります。グラスはヴィノムのブルネッロ型一択、表記のアルコール度数は14度となります。ボトル越しの色調は2018年のロッソ・ディ・モンタルチーノよりも一段か二段確かに深くはなりますが、クリアな明るさを感じました。グラスでの印象も同じ。決して濃い色調というわけではありません。適切な明るさがありますね。

2018年のロッソ・ディ・モンタルチーノほど開放的ではない厳格さ。開けたての注ぎたてはまだミネラル香が前ですが、その向こうにやはりチェリー系主体の果実香が控えています。微かにタバコ…とりあえず口に含みますと、輪郭はやわらかく、その先の密度感に深さ。ロッソ・ディ・モンタルチーノのようなマラスキーノチェリー的な熟度ではなく、非常に上品な果実味のしっとり感がありますね。密度の濃さに落ち着きがあり、香りよりも味わいの方が現時点では開いて感じる状態です。圧倒的にブルネッロの方に穏やかでやさしい旨味の深さを感じ、重心の低さ、まとまりの良さを感じます。これも、ブドウの違いもあるかと思いますが、すでにしっかりと熟成されたからの感覚でしょうね。

14度というアルコールを決して高くは感じさせません。しっとりとした濃密さはとても飲みやすく、まだグラスからの香りの開きが甘いとはいえ、すでに飲める状態であるのは確か。ロッソ・ディ・モンタルチーノ2018年とは対象的にメリハリ感の角が取れて馴染んでるんですよね。これも熟成期間の長さがもたらすのでしょう。やっぱりおいしいですね。ビオンディ・サンティに似てるかどうか?が問題ではない。いい造り手だなあ‥レ・キユーゼ。伝統的ではありますが、古臭くない。逆に、その血筋ということで、ビオンディ・サンティに縛られている部分はあるかもしれませんが、その「お題」があってこその自己表現だと思います。

ほのかに香る木質な香りに樽香が見え隠れ。注いでからじっくりと飲んでいますが、グラスの中でも良くなりますね。グラスからの香りはまだシャイですが、口の中では大胆なのもいい。

二日目もヴィノムのブルネッロ型。グラスに注ぐ途中から香りが開いているのが確認できます。いいなあ、純度の高いスミレの香り、複雑なチェリーの果実香ととてもマッチしています。ロッソ・ディ・モンタルチーノほど開放的ではありませんが、こうなると閉じ感はありませんね。口に含みますと輪郭がセクシーにシルキー。迫るような濃さではなく、静かに深い密度。14度を感じさせない飲みやすさがあり、非常にバランスがいいですね。一体感があり引っかかりがない。いやああ完成度高い、今飲んでほんとおいしいわ。

三日目もヴィノムのブルネッロ型。ロッソ・ディ・モンタルチーノ2018年と同時毒味なのですが、個性の違いは明らか。ロッソ・ディ・モンタルチーノはフルーツ爆弾でマラスキーノチェリーの果実の香味、甘味がたっぷりですが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2015年はアダルト。もちろん果実の香味はあるのですが、心地よい樽香の比率も高く、初日の閉じ感はすでにないが、三日目でもオッピロゲではない。上品な開きですね。甘味もしっかりありますがロッソ・ディ・モンタルチーノと比較すれば微糖、旨味が突出することもなく、すばらしいバランス。2015年、飲めますね‥。食事とのアッビナメントはブルネッロの方がいいかも(食事よりも主張することがないという意味で)。

うん、もちろん若いので果実味も元気だし、甘味も(ロッソ・ディ・モンタルチーノほどではないが)感じるが、決してモダンスタイルのブルネッロではないんだな。かといって、(古臭いという意味で)古典という感じでもない。ひょっとするとビオンディ・サンティの方が「そういう期待されるもの」に囚われているのではないかと思うほど、素性のよいブドウ、畑ながら、どこか親しみやすさも感じる。

四日目もヴィノムのブルネッロ型。やはりグラスからの香りからして、ロッソ・ディ・モンタルチーノとブルネッロ・ディ・モンタルチーノでは違う個性だな。これがいい。ブルネッロだから、ロッソよりも濃い‥程度の差は「差」とは呼べぬ。高樹齢の畑からのブドウも含まれるし、熟成期間が長いとはいえ、ブルネッロは、ブルネッロらしい威厳があり、大人しいという意味ではなく、アダルトな上品さがある。ロッソ・ディ・モンタルチーノの元気さもいいが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの落ち着いたエレガントさはかけがえない。輪郭のシルキーさに厚みがある。奥底、中心部までシルキーで溶け込みと、溶け込んだ様は、吉野の最高級の葛粉。なにもロッソ・ディ・モンタルチーノがデンプンとまではいわないが、ここに差があるね。表記の度数も1度高い14度をまったく感じさせないスムーズさ、非常にスムーズ、重厚なのにスムーズ、いやはやすばらしい。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る