Brunello di Montalcino Our 40th Harvest 2012 Altesino【第一回販売分】

トスカーナ州の赤 > Montalcino

更新履歴 2018/01/12
販売価格

4,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

※ログインしてお買い求め下さい。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・アワ・40th・ハーベスト 2012 アルテジーノ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/フルボディ》

アルテジーノの創業は1970年。ミラノの起業家であるGiulio Consonnoにより設立されました。所有地には15世紀に建造されたパラッツォ・アルテージ宮殿もありワイン名にも採用されていますね。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノDOCG認定地区の北限近くに位置します。この地区の土壌は粘土質も比較的豊富な土壌だそうです。モンテソーリのクリュはつと有名ですね。現在リリースしているブルネッロはこのアンナータ、リゼルヴァ、そしてモンテソーリのクリュの三種類となります。

今回ご案内するのは、スタンダードなアンナータ。しかし、このアンナータ、初ビンテージは1972年ですので、この2012年で40周年になるんですよね。ラベルにも「Our 40th Harvest」の記載がある特別なモノ。2012年もブルネッロは公式チャート★★★★★なのは冗談でしょ‥と、思ってましたが、思ったよりもイイのが実情。このアルテジーノのアンナータは、ワイン・アドヴォケイト誌93点、ジェームス・サックリング93点、ワイン・スペクテインター誌96点‥かつ2017年度のTOP100の11位にランクされています。ちなみに、4位はカサノヴァ・ディ・ネリのアンナータ2012年ですが、スコアは95点と、実はアルテジーノの方がスコアはいいんですね。ワイン・アドヴォケイト誌のスコアは2010年と同じだったりもします。

さて、テクニカルな情報は公式サイトからですが、アベレージな情報のようで合計48ヶ月の熟成、内、最低24ヶ月以上は樽熟成とのこと。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


真っ白なラベル地、上部が樽型に丸みを帯びていることや、ロゴも同様の弧を描く金枠で囲われているのも含めてアルテジーノらしいラベルデザインですね。もっとも、この2012年は(英語で)「Our 40th Harvest」の記載がある特別なものとなります。コルクはなかなかの質の4.5cm、グラスはヴィノムのブルネッロ型一択、バックラベルに表記のアルコール度数は14度となります。

透明度があり、深さはあるが無理くりな濃さではないブルネッロらしい暗い赤がいいですね。穏やかでその紫は、赤い果実との境界に馴染みを感じるスミレ、赤い果実と黒の果実、でもどこかオレンジ強い、例えば完熟マンゴー的な果実香があるように思うのだがどうだろう?まだ全体的な大人しいが閉じではなさそうなのは萎縮感がないからだと思う。14度のアルコールはこのワインの香りにまったく無理強いはしていない。

口に含みます。うーん、馴染んでますねえ。抜栓したての一杯目、一口目ですが刺々しさは皆無です。とはいえ、溶け込んだミネラルに張り、十分な密度でスキがありません。サラっとした渋味が酸味に乗って広がり、体は十分な大きさ。でも、重苦しさはなくスムーズな飲み口なのもいい。まだ若さを感じるのは、ミネラルの硬さ、さらなる熟れを期待できる渋味と酸味であり、未熟な青さや雑さはまったくない。すでによくまとまっておりおいしい。

渋味の近くに革、グラスの中でゆっくりと開いてきますね。これは三日間かけて‥がピッタリかもしれません。

うん、グラスの中で、まずはディスクからの香りではなく、味わいに開きを感じてきました。決して外へのベクトルではなく、徐々に旨味を増すような深みが出てきて立体的に感じます。

甘味も果実由来のもので樽の要素がまったく浮き足立ったり取って付けた感じはないが、二杯目からは果実だけではなく樽の要素も開いてきたように思う。ゆっくりと甘味、旨味が増してくる。ちゃんと整っているのがいいですね。

うん、旨い。どんどんと旨くなってくる。やさしい‥よりは「しなやか」。無理のない密度や構成。決して「柔(やわ)ではない」のだ。

二日目もヴィノムのブルネッロ型。初日よりも開いて感じますね。樽香に杉っぽい木質な感じ。含み香も初日よりも肩の力が抜けた(果実香や構成は抜けてませんよ)、しなやかさ。二日目はスパイス香も出てきましたね。複雑に拍車がかかります。乾いた渋味としっとりとした酸味も十分、決して濃さ推しではないエレガントさが飲みやすさに通じます。

三日目もヴィノムのブルネッロ型。樽の甘味、果実の甘味がミネラルに溶け込む感じ。ほどよい力強さ、14度として飲み口はとてもスムーズですね。とても飲みやすい。渋味と酸味もしっかりありますがとても質の高いものですね。

ほぼ現行らしい価格は十分なコスパ。40周年記念であることを付加価値としなくとも。もちろん近年では2010年が突出しているかもしれませんが、価格が合えば2012年も十分使えるし、今飲むにもとてもいい。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る