Pinot Nero Alto Adige 2015 Franz Haas

トレンティーノ アルト・アディジェ州の赤

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

更新履歴 2017/10/11
通常特価 4,380円(税込)
販売価格

3,980円(税込)

購入数

※希望小売価格 5,400円税込→ 通常特価 4,380円税込→ 特別価格 3,980円税込


アルト・アディジェ ピノ・ネロ 2015 フランツ・ハース
《イタリア/アルト・アディジェ/赤/ピノ・ネロ/フルボディ》


アルト・アディジェ地方におけるワイン生産と言えば、比較的組合組織からなる生産者の銘柄が多いのですが、このフランツ・ハースは、1880年にモンターニャ・モンタン村で創業したという老舗の自社瓶詰めの生産者。代々その名である「フランツ・ハース」を襲名るという‥まるで歌舞伎な一家で、現在の当主は1986年から‥7代目のフランツ・ハースさんが取り仕切っています。。

アルト・アディジェらしく海抜240mから800mにも及ぶ高地な斜面に約30haのブドウ園を所有しており、その土壌は大きく二種類の異なる地質が複雑に入り組んだドロミテ峡谷独特の地質だそうです。少しずつ自社畑を増やしいますが、賃借の畑もあり、現在は合計50haのブドウ畑となりました。

アルト・アディジェの土壌は複雑。斑岩や石灰岩が複雑に入り組む粘土質土壌がゆえに様々な品種の栽培を可能にもしてきた背景があるそうです。アディジェ川の西側にあるコルタッチャ村近郊では、カベルネやメルロを。モンターニャ村や、エーニャ村のある東側はピノ・ネロの栽培に適しているそう。トラメーノ村を中心としたトラミネール・アロマティコはその名前の由来にもなっています。

所有(+契約)するブドウ畑はそんなアテジーナ低地のモンターニャ村とエニャ村のチソン山の斜面に点在しているようで、近年新しく購入した畑は800mを超える高地にあり独特のミクロクリマを持ちます。

1982年から1986年にかけて仕立てをグイヨーに変更するのとともに、株密度をhaあたり6,500本から12,500本にまで高めたことはフランツ・ハースの品質の高さに繋がりますね。

他のアルト・アディジェの生産者同様に、赤であれば土着品種のラグレインのみならず国際品種であるカベルネやメルロ、そして絶品のピノネロを‥。白は、トラミネールや、ミュラートゥルガウ、リースリングなど、やはりドイツ圏の影響を色濃く受ける品種や、シャルドネなどを栽培しています。ボルツァーノは盆地‥昼と夜の寒暖差は大きく、しかも標高の差が激しいのでアルト・アディジェは栽培されている品種も多様になるんですね。


ピノ・ネロはマッツオン、ピンザーノ、ゴレノ、モンターニャな標高350mから900mまでの多種多様な土壌で栽培されています。ピノ・ネロの醸造はロータリーファーメンターなど様々な手法が試されてきましたが、現在は開放型の発酵層が使用されています。醸し発酵中は、パンチダウンやポンプオーバーなどの手法が取られ果実からの香味を抽出します。発酵後はバリックでの12ヶ月の樽熟成後瓶詰めされます。

ピノ・ネロは二種類。こちらは希望小売価格が5,000円税別、シュヴァイツァーと呼ばれる上級ラインは9,000円税別。確かに、シュヴァイツァーは旨いですよ。もう一段の深さと、もう一回りのふくよかさがあります。でも、このスタンダードなピノ・ネロで十分です。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


撫で肩のボトルにお馴染みのラベルデザイン。ピノ・ネロ(ノワール)がボルドー型瓶に入ってると興ざめですもんね。コルクはなかなかの質の4.5cm、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型、バックラベルに表記のアルコール度数は13.5度となります。少しの暗さ(黒さ)もあるが先を見透かせる赤、イチゴの香りが結構複雑で、野生のベリー系もあれば、イチゴのゼリーの風味、2014年はスッポ抜けで華麗にスルーしましたが、この2015年、思ったよりも樽の風味もメリハリがありますね。ヴァニラもあるし木質な一面もある。どこかハーブの風味もあるが、赤い果実に濡れている。ほんのりと甘味を感じるバラの香り。

口に含みますと、少しスモーキーさのあるピノ・ノワール。決して濃縮したような果実味ではないが、ミネラルが前過ぎるわけでもない。薫製したイチゴやベリーの果実味が面白い。さすがに2015年、水っぽさもなければ、密度に抜けがない。マンナの後に飲むと単一品種をヒシヒシと感じる。

うん、2015年、飲み口にもほどよい樽香がありますね。その果実香に燻煙を感じるのと同様に飲み口にどこか火打石的なミネラルを感じる。ブルゴーニュでもないが、新世界でもない。やはりイタリアらしさ、アルト・アディジェの冷涼さを感じるが、ピノ・ノワールで間違いない。ピノ・ノワールっぽさがなさすぎのピノ・ネロとはまた違うんだな。

グラスの中でグンと良くなりますね。ほどよい密度感がありますが、香りはよく開き、芳香かつ、単一品種ならではの複雑さがある。そう、混醸の方がいとも簡単に複雑さを感じるわけで、それは違うものが同居するから‥なわけですが、単一品種の複雑さってトーンの違いとかね。単一でも単調なワインと複雑に感じさせる層のあるワイン、色々あるのよ。

どんどんと良くなる。

二杯目もゆっくり飲みましょうね。少しキャラメル、でもイチゴの香りに清々しいハーブ香もある。二杯目はより密度が増し、果実味にも深さが出て立体感が出てきましたね。樽香の落ち着きと反比例するように、果実味がグンと出て来た感じです。冷涼さを残しながらも、温かみのある果実感が。過剰な甘味さも、樽由来の化粧の濃さもなく、ピノ・ノワールらしい果実味に、イタリアらしいミネラルとの共存共栄。

二日目は、ヴィノムXLのオレゴンピノグラスにしてみます。13.5度とアルコールも適切ですし、濃さで勝負するタイプではありませんが、そこはオレゴン同様に「北」ですしね。

イチゴなベリー系果実の甘味ある香りがエレガントながら、初日よりもより開いて感じます。飲み口にも少しまろやかさが出てきました。まとまりは二日目ならでは。旨味もありますが、まだ酸味が前。このグラスでも全然負けてませんし、なかなか似合ってるかもしれません。まだ若く、整いきらない酸味やタンニンもあり、これはこれでポテンシャルですね。グラスの中でも少しゆっくりと飲んで欲しいタイプ。これは温度にも言え、低めよりも、気持ち高めがいいと思います。

うん、温度が上がった方がいい。なめらかさ、やわらかさが増してまだ若い酸味やタンニンの毛揃わない部分をマイルドにしてくれる。

三日目です。グラスはヴィノムのブルネッロ型にしてみました。決して迷走してはいません。ヴィノムのボルドー型のカットが1cmほど低いだけですが、ブルゴーニュ型に近い酸味主体のワインに似合うグラスだと思っています。

おおおお、香りもいいやんかいさ。三日目というのもあるかと思いますが、ようやく樽の甘味と果実香の甘味に一体感。ピノらしいイチゴ系ベリーの香りも際立ちますね。口に含みますと初日から一貫したスモーキーさをまとう果実味もよりしなやかになってきました。旨味もあるが強過ぎず、行き渡る酸味があり、構成感、バランスもいいですね。ブルゴーニュとも新世界とも違うタイプですが、ピノ・ネロを名乗るにガメイっぽい雑っついネガティブさは皆無です。

うーん、三日目たまらんね。2015年と最新ホヤホヤビンテージということもありますし、ここはできればじっくりと飲んで頂きたいと思います。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る