Gossip Pinot Grigio Ramato 2016 di Lenardo

イタリアのロゼワイン

更新履歴 2017/08/24
販売価格

1,680円(税込)

在庫数 SOLD OUT

2017年9月2日更新:12本追加しました。



ゴシップ・ピノ・グリージョ・ラマート 2016 ディ・レナルド
《イタリア/フリウリ/ロゼ(本当は白です)/ピノ・グリージョ/辛口》


1800年代にはブドウを栽培していたという文献もあるそうなディ・レナルド家、1987年から自社瓶詰めを行っていたようですが、品質の向上があっのはこの10年ほど。この地では盛んな国際品種や、フリウリらしい土着品種の紅白、スプマンテを含めて18種類ものワインをリリースしています。日本市場に導入されているのは数種類ですが、いずれもフリウリながら価格は控えめなんですよね。

なかでも近年人気なのがこの「ゴシップ」と呼ばれるワイン。砂礫質土壌で栽培されるピノ・グリージョ100%で醸されます。除梗し搾汁したモストをアルコール発酵前に18時間、5度から10度の低温に保つコールドマセラシオンの技法を用い、果皮の色素やアロマを抽出します。ピノ・グリージョのような「グリ種」は外見は黒ブドウに近いために濃い色素が抽出され白ワインながら赤銅色(ラマート)に仕上がります。ステンレスタンクでのアルコール発酵とマロラクティック発酵、澱とともにタンクで熟成させた後瓶詰めされます。

ヴィエ・ディ・ロマンスのデッシミスは果皮由来の色ではないそうですが、ピノ・グリージョは赤味がかった、もはやロゼと呼ぶべきスタイルにも(も!)造ることができます。それもピノ・グリージョのバリエーションのひとつで個性がありますね。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


撫で肩、透明瓶。商品名である「GOSSIP」の下部には「PINOT GRIGIO RAMATO」の記載。「RAMATO=ラマート=赤銅色」推しなのかな?まあ、昨今はオレンジワインなんて呼ばれるワインもありますね(白目)。

コルクはディアム社製の4.5cmなのが嬉しい、冷蔵庫キンキン温度、グラスは迷って基本のオヴァチュアにしませう。

確かに赤銅色かな。オレンジ、茶色がかったロゼ色。これを白ワインとして販売するのは抵抗があるのでロゼワインとして売ろうと思う。ロゼの定義は色のみではないのかもしれないが、俺の中ではロゼだ。

ブラッドオレンジ、エルダーベリーも印象的。12.5度ですからアルコール感ではないのですが、どこかそんなブラッドオレンジのリキュールを使ったカクテル的な香りがしますね。存在しないが赤い梨のような風味、バラの香りがアロマティックです。

口に含みますと、やわらかな輪郭、含み香にバラの香り増幅、ブランドオレンジ、ピンクグレープフルーツの果汁から抽出した香味成分、おだやかな酸味に、ほろっと濡れたタンニン。ブラッドオレンジと感じさせるのは、少しの、そしていいアクセントになっている苦味、重さも感じるが、飲みやすさは損なわない。

旨味があり、イガイガしない酸味も今風、そういう意味ではスキっと、サッパリと‥という鋭角な表現ではない、やわらかな‥まとまった‥そういう丸みある表現になる。

二杯目、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型にしてみます。うん、デッシミスにも似た夕張メロン系の香りもいいですね。十分な密度感があり、こちらの方がより酸味が前でいいと思います。

より柑橘系の風味がその酸味とともに相乗効果‥これはいいですね。

グラスって大事だなあ(実感)。

ますます、絶好調時のデッシミスに似た風味もある。ベビー・デッシミスか?それともジェネリック・デッシミスか?

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型です。色がキレイですね。ブルゴーニュ型だとオレンジや銅色は薄めに見えます。まあ、表面積広いですしね。ブラッドオレンジ、ピンクグレープフルーツの酸味を伴う柑橘香、含み香にはバラの香りが華やかです。絶好調時のデッシミスや、チャントンス的な夕張メロン系は控えめながら確かにありますね。酸味がとてもいい、隅々まで行き届き飲みやすいですね。
  
三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはオヴァチュアに戻しました。深い意味はありません。注ぐ量、グラスの形で、その赤銅色の濃さ、深さが変わるのも楽しんでいただけるかと思います。

三日目になって、甘味が少しだけ増したように思います。同様に酸味も前に出ますのでバランスは崩れません。ロゼのようにタンニンや、赤い果実を感じるわけでもないのですが、そこは実は白ワインだから‥なんですよね。でも、これだけロゼ的な色合いが強いと、「そういう要素」も感じるのも不思議ですね。五感を使うとないものまであるように感じるのです。

しっかりとラマートなピノ・グリージョらしい香味があり、抜けはありません。ほどよいボディ感、ミネラル、酸味がありワインとしてのバランスもいいですね。半端に樽を使わないのもとてもいい。

色付きのピノ・グリージョ、面白いですね。

イタリアワインのおもろいとこです。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る