Neroameta 2015 Mastroberardino

イタリアの白ワイン

更新履歴 2017/08/24
販売価格

3,000円(税込)

在庫数 SOLD OUT

ネロアメタ 2015 マストロベラルディーノ
《イタリア/カンパーニャ/白/アリアニコ/辛口》


カンパーニャ州の歴史ある生産者と言えばこのマストロベラルディーノを差し置いて他にありませんね。1750年頃からワイン造りに携わっていたようですが、マストロベラルディーノとしての創業は1878年だとか。元々はベラルディーノという名前だったそうですが、二代目の当主であるピエトロがマストロ=マエストロ=名匠の称号を得てからはマストロベラルディーノという名前になったそうです。

近年、カンパーニャ州に置いても国際品種への移行は少なからず…な状況ですが、徹底してカンパーニャの土着品種にこだわるのもマストロベラルディーノの姿勢ですね。フィアーノ・ディ・アヴェッリーノDOCG、グレコ・ディ・トゥーフォDOCG、そしてタウラジDOCGもマストロベラルディーノあってこそ‥と言えます。

そんなアルジオラスが新しく挑戦したのがこのネロアメタ。なんと!アリアニコ種から造られるヴィニフィカート・イン・ビアンコ(≒ブラン・ド・ノワール)なんですね。あのタニックでコシの強いアリアニコ種から白を造るなんてキテレツ、キワモノですが、これがマストロベラルディーノの手に掛かると…なんですね。マストロベラルディーノの公式サイト的には「クリュライン」に包括されるIGTとなります。

海抜400m付近、火山性土質を主体としてライムストーンや粘土層が混じる南から南東向きのミラベッラ・エクラーノ地区でhaあたる4,000本の株密度で栽培される樹齢約12年のアリアニコが使用されます。

収穫されたアリアニコは温度管理されたステンレスタクでスキンコンタクトをせず発酵が行われますが、熟成はタンク内で澱とともに約10ヶ月。瓶詰め後6ヶ月の瓶熟成期間を経てリリースされます。

ヴェロネッリ誌2016年度版には2013年ビンテージが初登場し赤★★88点(D.T.)の評価となっておりますが、2015年ビンテージにはルカ・マローニが99点を付けたそうです。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


ボルドー型ボトル、ネック部分が少し長くややスラっとした感じですね。ラベルは白と黒がイン&ヤン。後ろ姿のシルエットは女性であると願いたい(男性にも見える)。ちょっと脱線するがキャップシールがちょっと変わってる。外側は真っ黒、内側はシルバーだし、持った感じもこれまでのキャップシールとなんら変わらない感触なのですが、ナイフを入れて剥ぐと、ヌメっとサンドイッチされているビニール素材が伸びる感覚がある。裂け目もビニールが伸び切った端が現れますね。コルクはもっとがん
ばって欲しい4.5cm、冷蔵庫キンキン温度、グラスはアリアニコの白とかちんぷんかんぷんなのでまずは基本のオヴァチュアで。バックラベルに記載のアルコール度数は12.5度となります。

品種に限らず、ヴィニフィカート・イン・ビアンコはシルバーがかって見えますね。決して黄色がないわけではないが黄色味は薄く、薄いシャンパンゴールドというか、やっぱりシルバーちっく。これまた金属的なニュアンスもある白い花の香り、白なんだけれども、実は紫から色が抜けた白‥というイメージの花、そう、金属的と感じるのは香りに硬さ、重さを感じているからなんですね。

口に含みますと‥

重っ!!!!!!

鉛かよ!!!!!

どこか白桃の風味、白い蝋、葛粉でも入れたかと思うまろやかさに濃度すら感じる。

なんなんだよ!!

キンキンですが、キンキンに感じない。ほんのと柑橘の風味はあるがまったく黄色ではない。軽くマスカットにもにた麝香っぽさ、輪郭は決して硬いわけではないが、この密度、いや、濃度の高さ、どっしりと思いフルボディ。含み香にも紫から色を抜いたような果実味があり、タンニンがあるが、なめらかすぎてコーティングされている。

セミドライのイチジク、色の抜けたアプリコットとマンゴー果汁。すんごい個性的、こんなの初めての経験、でも、なんだか美味しい。あまりにも濃度を感じが、あくまでも12.5度、飲める。白桃というよりもラ・フランスか。

うん含み香、香味に紫のニュアンスがあるんだ。そこにアリアニコが存在し、由来であるのを確認できる。

スムージーのようなツブツブ感があるわけではないが、まるでピューレ状の液体を飲んでるような感覚すらある。

二杯目はグラスを変えてみます。(赤の)アリアニコならヴィノムのボルドー型かな?ということでそれを。香りはよりたっぷり‥いや、そうは変わりませんね。より口の中に入る液量が増えましたので、濃度をしっかり感じます。桃や白いマンゴーのピューレの風味がすんごいわ。そこはかとない紫のニュアンスを残す白いフラワリーな香りも面白い。グラスサイズを上げてもまったくヘコタレナイ。

うーん、この個性、ぜひ試してみるべきです。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルネッロ型にしてみます。もちろん透明なのですが、やはりどこかシルバーのフィルターを一枚噛ました色ですね。白桃果汁、白く色の抜けたマンゴーとアプリコットの果汁、花の香りもやはり元々は紫だったんだか白く‥という感覚。初日ほど重さ、餡的な濃度を感じないのは酸味がやや前に出て来たからかな。初日はその衝撃的な個性でドギモを抜かれましたが、この二日目はあくまでも白ワインとしてのスタイルを確認できる。

でも、やっぱり個性的。

サンジョヴェーゼやピノ・ネロなど、これまでもヴィニフィカート・イン・ビアンコは経験してきましたが、アリアニコの白はちょっと想像も付かなかった。タニックで赤ワインとして強い品種、カベルネやサグランティーノで白を造る‥同等の衝撃ですもんね。

初日よりも冷えて感じるのも酸味のおかげかな?ちょっと温度上げてみます。うん、温度が上がっても美味しいですね。二日目はヴィノムあたりでは試していませんが、ブルゴーニュ型が酸味を主体として感じることができて似合ってますね。

三日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型に変更してみます。ようやく柑橘な果実香も出てきましたね。やはり紫から白いになった花の香りが特徴的、やはり口に含むと特徴的な密度感、なんだろうな、この紫の感じ、いやバラのエッセンスなんだけれども、芳香で個性的。アリアニコのタンニンを感じるわけではないんだけれども、白い果肉のなかでもラ・フランスの香りが強いんですよね。

バラ×ラ・フランス、マンゴーやアプリコットを感じる部分もあるがあくまでも白い感じ。

確かにアリアニコからなる白ワインだなんてキワモノ、ネタですけれども、こんなにネタになるキワモノも珍しい、不思議に美味しい‥お試しあれ!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る