Rosso di Valtellina Tei 1995 Sandro Fay

ロンバルディア州の赤

更新履歴 2017/07/08
販売価格

2,280円(税込)

購入数

ロッソ・ディ・ヴァルテッリーナ・テイ 2015 サンドロ・ファイ
《イタリア/ピエモンテ/赤/キアヴェンナスカ90%、メルロ、ブルノーラ、ロッソーラ、ピノーラ合計10%/ミディアム》


ロンバルディア州のスイスとの国境地帯に東西20kmに続くV字に切り立った峡谷がこのヴァルテッリーナ峡谷。谷間にはコモ湖を水脈とするアッダ川が流れ、冬は寒く、積雪地帯であるが、夏場は40度近くの猛暑にもなる年間を通しても寒暖差の大きな気候。

東西に広がる峡谷のために南側の斜面は長い日照を得る利点もあるが、傾斜が厳しい段々畑で農作業するに困難な地域。1200年代にはすでにブドウ栽培がされていたというワイン造りにおいても歴史のある地域。土壌はランゲと違い石灰、粘度の比率は低めで泥灰土壌に砂が混じる土質が特徴でPH値は低く、酸度の高いブドウが収穫される。

この地で1973年にサンドロ・ファイ氏によって設立された生産者。1998年からはミラノ醸造大学醸造学科で学んだ息子のマルコ、娘のエレナに引き継がれました。ヴァルテッリーナのレジェンドである「アール・エ・ペペ」の親戚にあたる一家でもある。この地域では早い時期からクリュの概念を持ち込み、重要なクリュをもつ生産者でもある。

近年、輸入元が変更になりましたが継いだマルコはエリオ・アルターレやマコンのオリヴィエ・メルランで学んだようでそのお繋がりかもしれませんね。

さて、ヴァルテッリーナはイタリアのワイン産地として珍しい点がある。協会が完璧に機能しており、ヴァルテッリーナの全45生産者全てが所属しているそうな。


 「協会で決めたことは皆が守る。ビオロジック、ホルモン剤の採用(なんやねん)、
  上記での除草。すべて協会で決められ、全生産者が採用している。


ヴァルテッリーナに置ける低い標高は350mとランゲと同じレベル。350m付近のヴァルテッリーナにしては標高の低い畑は夏場は湿気が溜まりやすく、秋は冷気がたまりやすいのでブドウの成熟にはやや不向き。早めに収穫し軽やかな早飲みワインに向く。

450mから660mは日照量も十分で成熟は時間をかけてゆっくりと進む。5つのサブゾーンに分かれるヴァルテッリーナだが、ファイが所有するのは「ヴァルゲラ」と「サッセッラ」地区。色々な大きさの段々畑を持つことも重要としているのは、小さな畑は乾燥に弱く、大きな畑は水分が溜まりやすくブドウが水ぶくれしやすいとか。

600m以上の畑は、日照量は多いが標高が高過ぎるので低い部分と同等に冷涼。ブドウの成熟スピードは遅くなる。湿度はないのでブドウがカビなどに侵されることがなく、秋に降雨があったとしてもすぐに乾燥するので陰干しに向くようです。

畑はビオロジックが採用され硫黄は使用しますが、銅さえもほとんど使わない。殺虫剤は使用しないので、毎年4月は段々畑の石段に卵を生み、ブドウ芽を食べてしまう害虫ノエットを夜中に手作業で取り除く。除草剤も使用しないので、下草は蒸気をあて、ボイルすることで成長をとめるのだとか。

また、一般的に病気に強い2種類ほどのクローンが栽培されるが、ファイでは10種類ものクローンを棟毎に栽培している。発芽や収穫のタイミングが異なるため手間が必要となるが、その分複雑さを得ることができるのだとか。

DOC法のおさらい。

スペリオーレが付くヴァルテッリーナ・スペリオーレはDOCG銘柄。こちらも指定品種はキアヴェンナスカ90%以上となりますが、最低熟成期間は24ヶ月(内樽熟成12ヶ月)、リゼルヴァを名乗る場合は、最低熟成期間36ヶ月となります。特定の地域(ソットゾーナ)を名乗ることもできる。なお、スイスで瓶詰めしたものには「Stagafassli」と表示することができるとあります(興味津々)。


今回ご紹介するのヴァルテッリーナ・スペリオーレDOCGではなく、ロッソ・ディ・ヴァルテッリーなDOCを名乗ります。

DOC法のおさらい。

ソンドリオ県。キアヴェンナスカ90%以上、その他10%。

DOCGのヴァルテッリーナ・スペリオーレDOCGと同じくキアヴェンナスカは90%以上となりますが、樽熟成の必要はありません(瓶熟成は最低6ヶ月)。

サンドロ・ファイでは、ヴァルテッリーナ・スペリオーレDOCG認定畑以外のブドウはこのロッソ・ディ・ヴァルテッリーナに混醸しているようですね。また、メルロ以外にこの地の土着品種も数種類混醸しています。醸造はステンレスタンクでのアルコール発酵と、マロラクティック発酵、熟成を経て瓶詰めされています。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


ファイはボルドー型瓶ですね。点描画のような陰影の山が特徴的ですね。対してサンドロ・ファイのフォントが変更になりました。うーん、これは前のフォントの方がエレガントだっただけどなあ。なお「TEI(テイ)」の意味はわかりません。コルクはディアムではありませんが圧縮コルクの4.5cm(十分です)、表記のアルコール度数が12.5度ですのでグラスは迷いましたがヴィノムのブルゴーニュ型にしました。

ネッビオーロ(キアヴェンナスカ)らしいオレンジが射す赤は十分な透明度がありますね。決して薄くはないし、深さもありますが濃い色調ではありません。香りは非常に華やか‥ロエロのバラとはまた違うバラの香りが高いですね。香りからも果実の密度は十分伺え、応じた酸の量も‥。チェリーは赤黒い皮を持ち、赤いベリーの香りもたっぷり。若さを感じる鮮度ある開き方ですね。

口に含みますと、やわらかなミネラルの厚み、土壌由来の風味に少し塩っけ、やわらかさや旨味が「そう」感じさせがちですが「甘味」は控えめでドライ。どこかヨードっぽい海を感じさせる山のネッビオーロ。サラサラとしたタンニンのいい粉っぽさ。

含み香にも華やかさ、そして少しのハーブ、土壌由来の地味を感じます。とてもキレイなミディアムで重過ぎないのは12.5度という度数も関係あり。

甘くない‥的に書きましたが、甘味が出てきました(どないやねん)。やっぱりワインはある程度空気を含ませる必要ありますねえ。

酸も十分な量ですがイガイガすることなく、やさしいミネラルがゆったりとしている大海原感あるボディもいい。10%分のメルロや土着を事細かに感じることはありませんが、この価格帯のネッビオーロとしてそれなりに複雑さがあるのは混醸の利点ですね。

確かにランゲ、ピエモンテとは違う個性ですが、ネッビオーロを逸脱するわけではない。非常に真面目、シリアスで趣。

二日目もヴィノムのブルゴーニュ型。イチゴの香りが出てきましたね。初日よりも甘味を感じる香り。でも、度数は12.5度ですしアルコール由来ではない。質の良いスパイス香とハーブ。

口に含みますと初日ほどのシリアスではなく、しっとりと濡れ感もある。旨味が増し、いいまとまりがあります。たっぷりの酸味も溶け込みを感じでなめらかでスムーズになってきましたね。初日同様に重苦しく、濃過ぎることはないミディアムボディで、酸味が軽快に感じさせてくれる飲みやすさがあります。

バラやスミレの花の香りの開きも容赦ない。あくまでも酸味と渋味行き届いたミディアムボディ加減は食中酒にいいんですよねえ。

三日目もヴィノムのブルゴーニュ型。濃いわけではありませんが華やかなバラや果実の香りがいいですね、やっぱり。キレイなミディアムで、飲み疲れない酸味、12.5度ってほんと飲み疲れない。もちろん、アルコール由来のボディは控えめにはなりますが決して軽いわけではない。旨味もあってジューシーさもある。酸味もより馴染んでとても美味しいですね。

これから(蒸し)暑い季節、セラー出したてのひんやり温度(少し結露するぐらい)もいいですよ。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る