Brunello di Montalcino 2006 Marco Lazzeretti

トスカーナ州の赤 > Montalcino

更新履歴 2017/02/16
販売価格

7,980円(税込)

在庫数 残り僅か 2本です
購入数

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2006 マルコ・ラッツエレッティ
《イタリア/トスカーナ/赤/サンジョヴェーゼ/フルボディ》


モンタルチーノにも小さな造り手はいますがなかなか日本市場には‥いや、小さな輸入元さんが手掛けてるのかもしれませんが、なかなか日本市場では‥。古酒市場になればなおさらで、なかなかマイナーな生産者の古酒はありません。メジャーな生産者のものがほとんどになるんですよね。

今回は、聞き慣れない、見かけない生産者ということであえて買い付けしてみました。ワイン誌で評価されているわけではない‥と思うと、やはりワイン誌に取り上げられるというのはメジャーになるに必要なんだろうなあ‥なんて思ってみたりしますが、何もワイン誌に取り上げられるかどうかは問題ではありません。

造り手はラッツエレッティ、大樽で熟成させる生産者です。モンタルチーノ市街中心部にエノテカがありますよ。ビンテージは絶好の2006年で文句なしですね。

あたしもブルネッロ好きの端くれ。日本未入荷または、なかなかスポットライトの当たらないブルネッロも経験しておきたいですね。あたしも休ませたら飲んでみるつもり‥ブルネッロ好きのお客様は、ぜひお付き合い下さいませ。


現当主はマルコ・ラッツェレッティ。元々は祖父が始めたワイン生産を引き継ぎました。ブドウ畑はモンタルチーノの中心から東に降りたすぐの場所にあります。また、モンタルチーノの街の中心に直営のエノテカがあるようですね。どこかで見た事のあるラベルだと思ってたんですよ。

醸すワインは三種類。ロッソ・ディ・モンタルチーノと、このブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、そしてそのリゼルヴァとなります。南向きの海抜300m付近の畑で栽培されるサンジョヴェーゼは9月の末に収穫が始まります。収穫されたブドウは26度から30度に温度管理されたタンクでの澱とともに約15日間の醸しと発酵。期間中はポンプオーバーが施され香味を抽出します。樽熟成は35hlから40hlのスラヴォニア産の大樽で30ヶ月熟成され瓶詰め。6ヶ月から8ヶ月の瓶熟成後リリースとなります。

さて‥状態は、三種類のワインはいずれも女性の背中かバイオリンのような(前者でしょう)エレガントなラインの画が特徴。黒地のラベルにこのアンナータはシルバーのライン。ラベル端に少しの捲れがあるボトルや、少しの擦れもありますが全体的にキレイな状態ですね。キャップシールもキレイな状態。DOCGのピンクの帯封も褪せはありません。帯封がシール裾に横巻きですが、すべてのボトルでキャップシールはくるくると回ります。液面も十分な位置をキープしており液漏れはないはずです。

液色はブルネッロらしい艶やかな赤、透明度も十分ですね。瓶底の凹みには少しの澱が出ていますが全体を濁らせたり、モヤらせるようなものではありません。状態はとてもいいですね。

飲んでみました。

ラベルは真っ黒ではなく、その女性のS字な女性のボディラインに合わせて向かって右は光沢のある黒、左はマットな黒(濃いグレー)になっています。作者とみられるサインがあるのですが、そろそろ老眼なあたしには見えてません。そう、バイオリンのようなボディラインは、ボン・キュ・ボンなわけですが、さらりと乳首(びーちく)が描かれているのがポイントですね(どこがポイントやねん)。コルクはなかなかの質の5cm、グラスはもちろんヴィノムのブルネッロ型、表記のアルコール度数は14度となります。

ポップコーン的な軽く香ばしいパフちっくな香りは樽香由来かな。詰めた甘さながらも重くない軽やかな甘味を彷彿とさせる果実香は実に真面目なチャーミングさ。サンジョヴェーゼで間違いないし、ブルネッロで間違いないが、やっぱり「いつもの」ではない個性を感じておくのも重要だなあをすでに実感しています。すでにまとまり感のある果実香で、閉じ感は皆無。まったく力みのない果実香はスミレの紫を覆い尽くすような真っ赤と、真っ黒なチェリー主体、ちょいベリー香に未熟さがありません。

口に含みますと、新鮮な杉、木質な気質の樽香が一陣の風。果実味にも未熟さは皆無ながら過熟感もない。とても飲みやすい、スムースな果実味は、適切なアルコール感にも由来する。キレイな酸味もあるが、ほろほろっとしたタンニンもまた旨い。なかなかこのまとまりは完成度が高いですね。このワインも今年2012年がリリースされるかと思うと現行比6年のイニシアチブ。

うん、旨いな。。

何もワイン誌で評価されているワインばかりが、いいワインとは限らない。モンタルチーノは総じてレベルが高いですね。もちろん幅や方向性はあるんだけれども、失敗は少ない。キャンティ・クラッシコと比べて‥と書きたいところだが、価格的にはモンタルチーノはキャンティ・クラッシコの倍する可能性もあるので、それなりの酒質は保ってもらわねばならないのも現状だけれども。

二杯目‥旨いやん(意外だと思ってる時点であかんけどな)。この程よさ‥甘過ぎず、渋過ぎず、酸っぱ過ぎず‥は当然として、やはりあたしは密度感ですね。大きさよりも密度感が重要。飲み込んで、鼻に戻ってくるまでにヌケ感がないのが嬉しい。

二日目。少しのロースト香がいいですね。コーヒー的というよりも、肉を焼いた(焦げた)感じで、なおさらビステッカが脳裏によぎる。今、2006年というタイミングらしい飲み頃感、いいまとまりがあります。しっとりと旨味をまといまとまる‥渋味も酸味も把握可能ながらも丸みと浸透感があるんですね。十分な果実味があり、閉じ感もないし、若い内の開き感もないというストレスのなさ。こんなに旨いんだね。未経験の生産者でしたが‥うーん、どこか輸入元付きませんかね?

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る