Voglar Sauvignon 2010 Peter Dipoli

イタリアの白ワイン

更新履歴 2017/01/12
販売価格

2,980円(税込)

在庫数 SOLD OUT

フォグラー・ソーヴィウニョン 2010 ペーター・ディポリ
《イタリア/アルト・アディジェ/白/ソーヴィニョンブラン/辛口》


元々はワイン商であったピーター・ディポリ氏が1987年に興したアジェンダ。所有する畑は1,2haと、とても小さく多品種を栽培するのが困難なため、一番好きなブドウ品種であるソーヴィニョンブランを栽培し始めたそうです。ソーヴィニョンブランは1990年を初ビンテージを迎え、本格的にワインの生産者となります。その後も新しい畑を購入したら、借り畑も増えたようで1998年にはアディジェ川の左岸に位置するエーニャに醸造所を持つことになります。

公式サイトトップページがおもしろいですね(http://www.peterdipoli.com/)。

NO TWITTER , NO FACEBOOK - ONLY WINE !

だなんて書いてあります。

生産しているワインは現在三種類の模様。メルロを主体にカベルネを混醸した赤とメルロ単一の赤、そしてこのソーヴィニョンブランを使ったフォグラーとなります。

さて、このフォグラーですがブドウ園のある地域は「fogolar(≒Free Place)」と呼ばれていたことが由来です。元々はスキァーヴァが栽培されていた畑ですが1998年から1991年にかけてソーヴニョンブランに改植されており、現在は3haのブドウ園となります。海抜は550mから600mの高地で斜面にはhaあたり5,000本から7,000本の株密度でソーヴィニョンブランが栽培されています。

22度に温度管理されたアカシアの大樽で果皮と接触させたままアルコール発酵を約10日間行われます。マロラクティック発酵は行われず、同じアカシアの大樽での樽熟成は最初の三ヶ月は10日ごとにバトナージュが施されます。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


ボトルは新世界的なブルゴーニュ型瓶(語弊あるな)で、なかなか重量がありますね。ラベルにはアルト・アディジェの急勾配を彷彿とさせるシルエットや、ブドウ樹、真ん中にそそり立つ木はなんだろうなあ。コルクは4,5cmでなかなかの質。冷蔵庫キンキン温度、グラスは迷ってヴィノムのボルドー型です。

現行が何年かは存じませんが、2010年ともなればバックビンテージに間違いありませんね。しっかりと強い黄色、透明度もありますが艶っぽいですね。いい色をしています。熟れた黄色果実の果汁もありますが、ソーヴィニョンブランらしい緑のハーブ、いわゆる猫のおしっこも隠れていますね。決して樽は派手ではないが、重厚さに一役買っている印象です。決して開放的な開きではないが閉じは感じない。落ち着いた果実香の開き。少しスモーキ‥軽い薫香がありますね。軽く燻したチキンとか合いそうな予感‥。また、香りにはすでに重さを感じていますが、少し乳なミルキーさもあります。

口に含みますと、おおお、口に含むとアルト・アディジェを感じますね。非常に冷涼なミネラルがあります。重厚な果実味を閉じ込めるような(閉じてはいない)輪郭のミネラルに張り、硬質さ、そう冷たい感じ(ワインはもちろん冷えてるんだが)。

ミネラルは少しの塩気を帯びており、柑橘主体の果実味の酸味には少しの苦みもアクセントにある。2010年とバックビンテージですが、老ねた部分は皆無でミネラル、酸も十分ですね。とてもいい酸味があるな。あまり樽熟成を意識させない、いや、それに負けてない酸味かな。重厚かつやわらかな一面と、ミネラルの固さ、酸味のシャープさという鋭角な部分が共存しています。

含み香に黄色に濡れた緑のハーブがスーっと一陣の風、余韻が短いという意味ではなくキレの良さは、やはり酸味とミネラルにある。果実味はなかなか重厚なはずだが、それを感じさせないし、思った以上にシビアな辛口。

シャルドネ的ではないトロビカルフルーツ、パインの風味がある。先の乳なミルキーさとともに、樽熟成されたが所以かもしれない。

二杯目はさらに厚みが出てきました。香りの開きも開放的ではないが寸止め感がない。湧き出るような旨味もありとても美味しいですね。

二日目も冷蔵庫キンキン温度、グラスはヴィノムのボルドー型です。ソーヴィニョンらしい緑のニュアンスは溶け込んでいるが、柑橘や南国系の黄色の果実の香味が中心。なめらかで、初日は乳に感じた部分は少しカスタードちっくにも感じる。飲み口にも甘味と旨味が出てきましたね。初日よりもミネラルは控えめ‥と、思いきや、やはり終盤には透明度があり、少し硬質にも感じるミネラルがクッキリと感じられます。

しっかりと冷えた状態ですが萎縮や閉じは感じませんね。旨味に酸を感じる柑橘果汁が乗ってておいしい。酸、皮の色に幅がありますね。

三日目も落ちないのは心底キチンとした酒質とも言えます。あまり温度に影響されることはありませんが、時間経過で穏やかに旨味が増して来ますね。比較的黄色味の前のソーヴィニョンブランですが、ソーヴィニョンらしさ、アルト・アディジェの冷涼な部分を感じさせつつも、樽熟成やまろやかさも兼ね備えています。名の売れた生産者ではありませんが、いいワインですね。

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る