Passorosso 2013 Passopisciaro

シチリア州の赤 > Passopisciaro (Trinoro)

アンドレア・フランケッティ

要チェック!Sale!Saldi!開催中!

更新履歴 2016/08/26
情報 商品入れ替えにつきセール!
通常特価 3,880円(税込)
販売価格

3,480円(税込)

在庫数 SOLD OUT

パッソロッソ 2013 パッソピッシャーロ
《イタリア/シチリア/赤/ネレッロ・マスカレーゼ/フルボディ》


これまでパッソピッシャーロのクリュ名を名乗らないスタンダードかつ、クリュ混醸モノはその名も「パッソピッシャーロ」を名乗ってきました。これまで同様にエトナ・ロッソDOCは名乗らずに、IGTでリリースされていますが、カターニャ県の村名ともなる「パッソピッシャーロ」を生産名としては現時点で許可されているようですが、商品名としては認められなくなったことからこの2013年から「パッソ・ロッソ」に改名となりました。これに応じて、白のグアルディオーラも「パッソ・ビアンコ」に2014年より改名となります。

このパッソ・ロッソは、Malpasso、Guardiola、Santo Spirito、Favazza、Arcuriaの各コントラーダ(クリュ)からのネレッロ・マスカレーゼが混醸されます。それぞれのコントラーダは海抜500mから1,000mのエトナ火山の北斜面に位置します。平均樹齢は70年から100年と、決して若樹から造られるわけではありません。エトナ火山らしい火山岩、火山砂からなる土壌となります。

収穫したブドウは除梗後、28度以下に温度管理されたステンレスタンクで約15日間の醸しとアルコール発酵の後、20hlから50hlのオーク樽でマロラクティック発酵が行われます。樽熟成は大樽で18ヶ月。

2013年ビンテージは2012年と対照的で、ブドウの成長期は涼しく雨の多いビンテージでした。10月中旬までブドウの成熟を見守りますが、なかなか完熟には至りませんでした。しかし10月末には一週間ほど暖かい天気が続きようやくブドウが熟し、収穫に至りました。

標高の低い畑は10月25日から収穫が始まり、標高の高いランパンテのコントラーダに至っては11月10日にようやく収穫が終了します。2013年はモストの状態でしっかりとした酸と、濃いフルーツの香りがあり2012年とは対照的で厳格さとエレガントさ、フレッシュさを兼ね備えしっかりと強さを感じるビンテージとなり、バローロを好まれるお客様にぜひ‥とのこと(公式サイトがそう言うとる)。


独断と偏見に満ち溢れた極主観的毒味


名前こそ"Passopisciaro"から"Passorosso"に変更になったがラベルのイメージは指摘されなければわからない。相変わらずエトナ・ロッソDOCを名乗らない理由は解決していないがyuruse.2012年は表記のアルコール度数15.5度でしたが、この2013年は14度、表記の度数が1.5度も変わるのも珍しい、いや、フランケッティのワインならアリエールでしょう。コルクはもっとがんばって欲しい4.5cm、グラスはヴィノムのブルゴーニュ型です。

濃過ぎない透明度と艶やかさのある赤、確かにピノ・ノワール的に見える。グラスからの香りにも確かにイチゴ、イチゴ飴、完熟のチェリーと、やはり赤いベリーの果汁があり甘味がとても心地よい。

口に含みますと‥うーん、いいですねえ。少し金属的かつ、瑞々しいミネラルもありますが、ふくよかに果実は広がり、とても上品な樽のニュアンスは果実を覆い隠すものではありません。適切なアルコール、イチゴやチェリーに、少しのアセロラっぽさもある。

とても、やわらか‥かつ、しなやかな果実味。いやあ、変わらずパッソピッシャーロしてるんだよねえ。これを飲むと、コントラーダはちょっと高く感じちゃうんだな。

うん、イチゴに、アセロラのガムっぽさ、ジューシーで唾液誘発な感じもそう。心地良い酸味は、唾液を分泌させる。

うーん、旨い。ネレッロ・マスカレーゼを‥「おいしいい!」と思わせてくれるワインで間違いない。この際、そろそろ‥ピノ・ノワール的かどうかは別として、この品種の良さ、個性を楽しんで欲しい。

ただ、輸入元資料にあるように、確かにバローロのようなニュアンスも感じる。が、それと同時にサンジョヴェーゼ的でもある。いずれにせよ、ばりばりバリックではなく、果実味を活かし、濃さに頼らないもの‥であるのは間違いない。

少しのスパイシーな部分、未熟という意味ではない緑々しさがある。いやあ、果実味は複雑ですよ‥単一品種ですけどね。素晴らしく美味しい。

二日目もヴィノムのブルゴーニュ型です。うーん、バラとスミレ、そしてイチゴの華やかな香りがとてもいいですね。チャーミングですが、幼稚ではない‥しっとりともしています。口に含んだ香りも華やか、まろやかな果実味があり、まとまりを感じます。旨味が増してきましたが、とても飲みやすい、ストレスフリーだなあ。このアルコール感が適切なのもステキ。

少しスパイシーで心地よい渋味がありますね。複雑さもあってなんの文句もない‥。めっちゃ旨いですわ。

三日目もヴィノムのブルゴーニュ型。今回は他のグラスでは一切試しておりませんが、ブルゴーニュ型が似合いますね。チャーミングなイチゴの香り、カランとした甘味があってね。三日目もふくよかでなめらかな果実味、じんわりとした酸味が旨味に繋がります。

ああ、旨い!

2013年、パッソロッソに生まれ変わりましたが、めちゃくちゃ旨いです!

TOPに戻る TOPに戻る

イタリアワイン通販 nishino yoshitaka +plus


大きな地図で見る
[運営] 株式会社ニシノ酒店会社概要詳細
[住所] 544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2-12-4
[電話] 06-6731-7406(実店舗専用)
[電話] 090-1899-4351(ネットショップ専用)
 こちらに掲載の商品に関しましては、上記携帯電話までお問い合わせ下さい。
[URL] http://www.nishino-yoshitaka.com/
[MAIL]nishino@nishino-yoshitaka.com
[MAIL]ypsilon@bk2.so-net.ne.jp
365日24時間ご注文受付。平均24時間(最長48時間)以内に正式な受注確認メールを配信いたします。毎週月曜日は定休日となっております。日曜の夕方から月曜日にご注文、お問い合わせの場合は、火曜日以降のご連絡となります。
お買い物全般に関することで何か疑問がございましたら、まずは[総合案内所]をご確認下さいませ。様々なご質問に対する回答を掲載しております。
会社概要プライバシーポリシー特定商取引法送料決済方法サイトマップお問い合わせ

TOPに戻る TOPに戻る

Members:にしの組

ログイン ログイン
ご購入時に会員登録された場合、登録したメールアドレスとパスワードにてログインが可能です。(パスワードをお忘れのお客様→パスワード再設定

Profile:にしのよしたか

にしのよしたか
西野 嘉高(1970年4月22日:A型)
イタリアワインに関することは、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

follow us in feedly feedlyにRSSを登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライン
campany 株式会社ニシノ酒店
(会社概要・実店舗所在地地図)
campany イベントスケジュール
定休日・臨時休業日・西野嘉高のスケジュールや、ワイン会などのイベントスケジュールの確認はこちら。
faq サイトマップ
メール お問い合わせ
モバイル 090-1899-4351(西野嘉高直通)
カフェ "極主観的イタリアワインブログ"(新ブログ)
"Buona Scelta!"(旧ブログ)

Cart:お買い物かご確認

カート お買い物かご確認

Category:商品一覧

TOPに戻る TOPに戻る

新着イタリアワイン情報

FAQ:総合案内所

faq お買い物全般に関するご利用ガイド

送料や決済方法の他、お買い物に関する情報、よくある質問に対する回答をまとめました。何か疑問に思ったら、まずはこちらをご覧下さい。
ライン
caution ワインをお求めのお客様への情報

ワインをお求めのお客様に、ワインならではの品質管理などの情報などをまとめました。ワインをご購入のお客様はご一読下さいませ。
ライン
会社概要 特定商取引法に基づく表記:返品
会社概要 プライバシーポリシー
モバイル 携帯電話からもご注文可能です。
qrコード
カメラ メディア掲載履歴

株式会社ニシノ酒店がメディアに紹介された掲載履歴をご紹介。取材依頼なメディア様もご一読下さいね。

イタリアワイン啓蒙活動

カメラ イタリアワイン会履歴

不定期ながらイタリアワインの啓蒙活動を兼ねたワイン会を開催しております。ワイン会の参加者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
ペン イタリアワイン教室|Vino Labo

比較試飲(人体実験)を通して、イタリアワインをより深く経験するワイン教室です。実験教室の被験者募集はメルマガにてご案内しております。
ライン
用語集 イタリアワイン用語辞典

イタリアワインを飲んで感じたことを表現・比喩するための、"使わないかもしれない" "使わなくてもいい"独断と偏見に満ち溢れた極主観的用語辞典です。
ライン
リンク イタリアワイン数珠繋ぎ

イタリアワイン情報サイトや、お客様のブログと繋がるリンク集です。

その他..

フィード RSS フィード ATOM


TOPに戻る TOPに戻る